• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員が【仕事を辞めたい】と伝えるタイミングは?円満退職のノウハウ

アパレル店員が【仕事を辞めたい】と伝えるタイミングは?円満退職のノウハウ
 

アパレル店員が今の職場を辞めたいと考えるようになった時、退職まではどのような流れになるのか気になるところ。辞めるのを伝えるのは勇気が必要ですが、ステップを踏んで計画的に進めることが円満退職につながります。
今回は、アパレル店員が円満退職をするためのノウハウをご紹介します。
 
 

 

1、アパレル店員が仕事を辞めたいと思うきっかけ

給料

アパレル店員の給料は決して高いとはいえず、その給料面に不満を感じて辞めていく人が多いようです。
しかもアパレル店員は給料の中から、自社ブランドの服を購入しなくてはいけません。社割がきくとはいっても、生活することを考えると現実的に厳しく、転職を考えるようになります。
また長く働いているのに給料が上がらないことを、不満に感じる人もいます。
 

待遇

給料以外にも待遇面に不満がある人もいます。「ボーナスがない」「まとまった休みがとれない」など、これらの待遇面の不満は、アパレル店員として働くモチベーションが上がらない原因になってしまいます。
 

人間関係

女性が多い職場環境ということもあり、人間関係に悩みを抱えて辞める人もいます。店長に不満やストレスを感じていたり、店の雰囲気がギスギスしていると、長く働くことはできません。
ほとんどは円満な職場環境ですが、人間関係の悩みは辞める以外に選択肢がないのが現状です。
 

将来性

アパレル店員としてなかなかキャリアアップができないことや、将来性に不安を感じるようになるのも、辞める理由の一つです。
一生懸命働いているのに、その頑張りを評価されないと働く意欲が下がり、「転職をした方がいいのでは?」と考えるようになります。
 
 

2、仕事を辞めたいと思ったら、まず何をする?

アパレル店員が【仕事を辞めたい】と伝えるタイミングは?円満退職のノウハウ
 

冷静になって考えてみる

冷静に考えても辞めたいという気持ちに変化がなければ、次の転職先を見つけましょう。
アパレル店員として身につけたスキルや経験を活かすのであれば、同じアパレル業界や接客業に絞って探すと、転職活動もスムーズにできます。
実際に行動に起こす前に、「次はどのような仕事をしたいのか」という点を明確にしておきましょう。
 

社内で環境を変える方法を探す

転職をするのにはそれなりのリスクが生じます。もし今の職場に不満があるということなら、別のブランドに異動を希望したり、キャリアチェンジする方法もあります。
アパレル店員はどのブランドにもターゲット層やコンセプトが決められています。その部分に自分が合わないと感じるなら、違うブランドに異動すれば解決できる可能性があります。
また狭き門ではありますが、アパレル店員から本社職を目指してキャリアチェンジをすることもできます。
辞めること以外にも、社内で環境を変えるというのも一つの選択肢として考えてみましょう。
 
 

3、仕事を辞めたいと伝えるタイミングは?

アパレル店員が【仕事を辞めたい】と伝えるタイミングは?円満退職のノウハウ
 

繁忙期は避ける

アパレル店員にとって、繁忙期となる7月や12月頃はセール期間となるため、非常に忙しくなる時期です。そのためこの時期に人員不足になると、店としては大変困ってしまいます。
もし辞めたいのであれば、繁忙期を避けて伝えるようにしましょう。
 

転職先が決まったら

次の転職先が決まったタイミングなら、今の職場を辞める際の退職理由として伝えやすく、また退職後もすぐに次の仕事をスタートすることができます。
仕事と転職活動を並行して進めるのは大変ですが、次にやりたいことやステップアップのために新しい職場を探すことは、前向きな退職理由になります。
 

店長に時間を作ってもらう

アパレル店員を辞めたい時は店長に伝える必要があります。とても重要なことなので、あらかじめ店長に「お話したいことがあるので、お時間作っていただけますか?」と伝えるようにしましょう。
店長に伝える前に他のスタッフに話すことは避け、伝えるタイミングもよく考慮した上で話すのがマナーです。
 
 

4、円満退職をするための流れ

アパレル店員が【仕事を辞めたい】と伝えるタイミングは?円満退職のノウハウ
 

前向きな退職理由

仕事を辞める時はネガティブな退職理由になりがち。たしかになにかしらの不満があり退職を決意するものですが、退職理由はできるだけポジティブな内容を伝えましょう。
「新たにやりたいことがある」「さらなるステップアップを目指して」などの退職理由であれば、受け入れられやすいです。また次の転職先の面接時にも、前職の退職理由を述べる際はポジティブな理由の方が好感を持たれます。
 

人材が不足していないタイミング

アパレル業界では入れ替わりが激しいため人手が足りない店も多く、そのような状況の時に退職をしてしまうと迷惑がかかってしまいます。できれば人材が足りており、引き継ぎもスムーズに行えるタイミングが望ましいでしょう。
 

退職を希望する2〜3ヶ月前に伝える

仕事は辞めたいと思ったタイミングで、すぐ辞められるわけではありません。退職を希望する2〜3ヶ月前に伝えるのが、円満退職をするポイントです。
余裕を持って伝えておくことで、他のスタッフへの業務の引き継ぎや新しい人材を探すことができるため、辞める時こそ常識ある行動が求められます。
 
 

5、まとめ

アパレル店員が【仕事を辞めたい】と伝えるタイミングは?円満退職のノウハウ
 
アパレル店員を辞める時は、早めに伝えることとタイミングが重要です。伝え方が悪いと円満退職ができず、後味の悪い辞め方になってしまいます。
これまで頑張ってきた仕事を辞める時は、最後まで気を抜かずに常識的な行動を心がけることで、次の仕事を気持ちよくスタートさせることにもつながります。  
 
 

\登録3分!/