• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル業界のお仕事に向いている人・向いていない人の違いとは?

アパレル業界のお仕事に向いている人・向いていない人の違いとは?
 
オシャレが好きな人は「いつかアパレル業界で働いてみたい」と考えているのではないでしょうか?華やかで楽しそうなイメージのアパレル業界ですが、仕事をする上で向いているかどうかは気になるポイント。また、アパレル業界やアパレル店員になるためにやっておくべきこともご紹介します。
 

 

1、アパレルのお仕事に向いている人とは?

コミュニケーション能力が高い

アパレル業界はたくさんの人と関わることが多い職種です。アパレル店員は接客業のため、お客様と関わることが日常の業務。アパレル店員ではなくでも、マネージャー、営業、MD、プレス、バイヤーなどアパレルの仕事に携わる以上、コミュニケーション能力は高いことが求められます。
初対面の人と関わることや人と話すことに抵抗を感じないタイプは、アパレル業界に向いている性格と言えるでしょう。
 

服やオシャレに興味がある

とても根本的なことではありますが、服やオシャレをすることに興味があれば、それはアパレル業界を志す立派な理由。「ただ好きなだけでは務まらない」とよく言われますが、逆に好きな気持ちすらなければ頑張る意欲さえ沸きません。
シンプルに服が好きな気持ち、オシャレをすることが楽しいと感じるその想いがある人はアパレル業界で大きく活躍できるでしょう。
 

細かい作業が好き

アパレル業界は社交性が求められる一方で、事務処理や細かな作業をすることもよくあります。アパレル店員の場合は、検品、発注、品出し、バックヤード整理などの接客以外の裏方の業務もする必要があります。
一見華やかな世界に見えますが、その裏では地味なことをコツコツとしなくてはいけないので、細かな作業を苦に感じない人の方が向いていると言えます。
 

情報収集能力に長けている

アパレル業界は常に最新のトレンドやフレッシュな情報をいち早く発信する環境にあるため、働く立場としても常にアンテナを張って情報収集をしなくてはいけません。
それはファッションに限らず、幅広いジャンルの情報を集めておく方があらゆる場面で活かすことにもつながります。気になったことはすぐに調べたり、いろいろな情報を集めることが好きな人はアパレル業界でも重宝される存在となることでしょう。
 

好奇心旺盛

ただ与えられたことをこなす事務的な仕事に比べ、アパレル業界は自ら行動したり発信ができる人材を求められています。
新しいことにチャレンジしたり向上心を持って仕事ができるような積極性がある人は、アパレル業界に適した人材と判断されるでしょう。
 
 

2、アパレルのお仕事に向いていない人とは?

アパレル業界のお仕事に向いている人・向いていない人の違いとは?
 

人と話すことが苦手

オシャレに興味がない人がアパレル業界を志すことは少ないかもしれませんが、あまりにオシャレに無頓着すぎたりファッションに無関心な人は向いていないと言えるでしょう。
もし自分がお客として利用した時に、オシャレに興味がない店員に適当に服を勧められたって購買意欲は沸きませんよね。センスの有無は働きながらでも身に付くので、まずはオシャレをすることや服が好きという気持ちが大切なのです。
 

土日祝は休み希望

アパレルショップは土日祝に売上が伸びるため、基本的に出勤をしなくてはいけません。大型連休やお正月など、通常は休みの日でも仕事が入ると思っておいた方が良いでしょう。そのため土日祝は休みを希望している人には、思っているような働き方はできない可能性が高いかもしれません。
ただスタッフで交代して休みを取れたり平日休みならではのメリットもあるので、この勤務スタイルに慣れてしまえば問題なく働けるでしょう。ただアパレルであっても本社勤務は土日祝休みの場合が多いです。
 

体力がない

アパレル業界は体力勝負という一面もあります。重いダンボールを持ち上げたり何枚も服を重ねて運んだり、とにかく体力が必要なシーンが多いもの。アパレル店員は一日中ヒールで立ちっぱなしというのもごく当たり前です。
そのため体力に自信がない人は、始めのうちは疲労感でいっぱいになりネガティブな考え方になることもあるかもしれません。ですが徐々に体力がついてきたり、効率よく働く技が身に付いていくので、そこまで心配をする必要もありません。
 
 

3、アパレル業界の第一歩、アパレル店員に近づくためにすること

アパレル業界のお仕事に向いている人・向いていない人の違いとは?
 

たくさんのことに興味を持つ

憧れのアパレル店員になるためには、日頃から様々なことに目を向けておくことが肝心。よく利用するブランドだけに限らず、テイストの異なるブランドのことやトレンド、美容、メイク、カルチャー、グルメなど、たくさんのことに興味を持つようにしましょう。
それは普段の友達との何気ない会話の中からであったり、雑誌、テレビなど、いろいろなシチュエーションにおいて情報を集めることができます。日頃から知る努力をする習慣ができていると、仕事にも大きく活かすことができるでしょう。
 

聞き上手を目指す

アパレル店員は商品説明をしたり声をかけたりと、自分から話すことが基本ではありますが、一番大切なのはお客様の話によく耳を傾けるということ。
話し上手よりも聞き上手の方が、接客の好感度は上がります。もちろんアパレル店員としては話し上手が良いのは確かですが、何よりもまずはお客様の話を聞かないとただ一方的な押し売りになってしまいます。
そのため日頃から、聞き上手を意識して友達と会話をしたり相手の話を最後までじっくり聞いてから自分の意見を述べるようなニュアンスを目指すと、接客スキルが磨かれることにつながるでしょう。
 

ファッションに関する知識を身に付ける

ただ単純に「このデザインがかわいいからおすすめです」と言うだけではアパレル店員としては知識不足と思われかねません。せっかくアパレル店員として働くのであれば、ファッションに関する知識をより深く身に付けておくと良いでしょう。
服の生地や素材に関すること、色彩の知識、ビジネスやフォーマル服について、メンズファッションの着こなし、妊婦さんや授乳中のママに適している服などにも触れておくと、ワンランク上のアパレル店員になることができるでしょう。
 
メイク講習ありの求人を見る
 
 

4、まとめ

 
アパレル業界は体育会系ってウソ?ホント?職場の雰囲気を調査!
 
アパレル業界はハードな仕事内容をこなす体力や気力、頭の回転の速さなども求められる職種ですが、やりがいを感じる仕事であることは間違いありません。
向き不向きはあるとは言っても、仕事に対するモチベーションやファッションが好きな気持ちがあれば、きっと憧れられるアパレル店員になることができるでしょう。