• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接、ハイブランド・ラグジュアリーブランドの服装マナー

アパレル面接、ハイブランド・ラグジュアリーブランドの服装マナー


 

 

1、面接は私服でお越し下さいの「私服」って?


ブランドイメージを意識した”スーツスタイル”

 
アパレル面接は一般的な面接に比べると、服装においては比較的自由なスタイルでも良しとされることが多いです。アパレル店員に欠かせない”オシャレさ”をアピールする場にもなる面接は、事前に「私服」で来るよう求められることもあります。では、そのアパレルの中でもハイブランドやラグジュアリーブランドの服装マナーとは一体どのようなスタイルが正解なのでしょうか?
 
高級ブランドとされるアパレル面接の場合、ブランドイメージを意識したスーツスタイルが適した服装と言えるでしょう。ただスーツといってもリクルートスーツは堅すぎる印象になるので、アパレル面接にはあまりふさわしくありません。ブランドイメージやコンセプトを取り入れたスーツスタイルを目指すことが望ましいと言えるでしょう。
デザイン性のあるジャケットや派手すぎなければ色柄モノでも良いかもしれませんね。セットアップのスーツであれば、インナーに着るシャツやブラウスを工夫してみるのも良いでしょう。
 
まずは自分の受けるブランドについて理解して、服装選びをすることが重要だと言えます。もしわからなければ実際に店頭で働くスタッフの雰囲気や服装などをチェックしておくとイメージをつかみやすいでしょう。

 
 

2、面接で身に付けてOKなアイテムとNGなアイテム


アパレル面接、ハイブランド・ラグジュアリーブランドの服装マナー 面接で身に付けてOKなアイテムとNGなアイテム
 
面接の服装マナーには、身に付ける小物などにおいてもOKなアイテムとNGなアイテムが存在します。それぞれをチェックしていきましょう。
 
〈OKなアイテム〉
 
・腕時計
・アクセサリー
・スカーフ
・ブランドバッグ
・ハイヒール
 

〈NGなアイテム〉
 
・他社ブランド(デザインやロゴなどで他社と明らかにわかるもの)
・帽子
・ブーツ、スニーカー、サンダル
・カラータイツ
・サングラス
 

まずOKなアイテムは、腕時計やアクセサリーは派手すぎないものであれば身に付けても問題ありません。加えて、一般的な面接に比べてOKとされるであろうアイテムはスカーフやブランドバッグなど。面接を受けるのがハイブランドやラグジュアリーブランドであるため、そのブランドのバッグやスカーフを取り入れて面接に臨めば、普通すぎるスーツスタイルからオシャレさをプラスした着こなしになるので、面接官に好印象を与えて話が広がりやすくもなるでしょう。堅い雰囲気になりすぎないだけでなく、実際に働いている姿を想像してもらうことにも繋がるために、採用される率がアップする可能性があります。
 
一方NGなアイテムは、他社のブランドというのが一目でわかるようなアイテムを身に付けるのはマナーとしてふさわしくありません。また自社ブランドだとしてもサングラスは面接の場には不向きです。そのほかには、アパレルの中でも高級な部類に入るハイブランドやラグジュアリーブランドに、カジュアルすぎる帽子やカラータイツ、スニーカーなども避ける方が無難です。

 
 

3、ハイブランド、ラグジュアリーブランド面接で好印象を与える服装のコツ


アパレル面接、ハイブランド・ラグジュアリーブランドの服装マナー ハイブランド、ラグジュアリーブランド面接で好印象を与える服装のコツ
 

ブランド愛が伝わるファッション

 
面接で好印象を与えるためには、まずそのブランドの服やアイテムを身に付けることが一番。「この人はどれだけうちのブランドを好きなのか?」ということを、外見から判断することができるからです。
ただ、高級ブランドということでなかなか手が届かない価格帯の服もあると思います。その場合は比較的手に入れやすいアクセサリーや小物類などを身に付けるのも良いでしょう。どこか一つでもそのブランドの物を身に付けていれば、ブランドに対する”愛”を感じ取ってもらうこととなります。
 

清潔感

 
面接を受けるブランドの物を身に付けることも好印象を与えることとなりますが、まずは接客業として大切な”清潔感”を意識した服装にしなくてはなりません。いくら高級で価値ある服をまとっていても、シワがあったり着こなし方がだらしなければ意味がありません。そのため面接の時はいつも以上に清潔感を重視した服装にしましょう。
 
シャツは丁寧にアイロンをしてシワのない状態にしておきましょう。スーツはボタンが取れかかっていないか、裾がほつれていないかなど念入りにチェックしておく必要があります。また着こなし方は、そのまま店頭に立ってもおかしくないようなスタイルがベストです。パンツからシャツがはみ出ていたり、ヒールのかかとがすり減っているようではだらしない印象に。どこから誰が見ても清潔感があると思われる服装をするように心掛けましょう。

 
▼関連するお仕事をCHECKする
ラグジュアリーブランドを取り扱うセレクトショップやアウトレットなどの求人

 
 

4、面接時のメイク・髪型のポイント


アパレル面接、ハイブランド・ラグジュアリーブランドの服装マナー 面接時のメイク・髪型のポイント
 

髪型はまとめる・カラーは暗めが◎

 
面接においての髪型は、服装同様、清潔であることが求められます。そのためダウンスタイルよりかは、まとめてさわやかなイメージをアピールしましょう。ハーフアップなんかもおすすめです。
 
カラーは「アパレルだからなんでも良いのでは?」と思いがちですが、ハイブランドやラグジュアリーブランドの場合は暗めの方が良いでしょう。金髪やブリーチ、個性的なカラーリングはブランドのコンセプトとかけ離れてしまうことが多いからです。
もちろんブランドにより規定が異なるので、それがOKとされる場合もありますが、面接の時はマナーとして落ち着いた髪型にしておく方が良いと言えるでしょう。
 

ノーメイクやギャルメイクは避けて

 
メイクも接客業としてふさわしい仕上がりを意識してメイクするようにしましょう。ノーメイクはアパレル業においては論外。最低限のマナーとしてメイクはする必要があります。
かと言ってケバすぎるようなギャルメイクはやりすぎです。高級ブランドで取り扱う商品や客層をイメージして、違和感のないメイクを面接時でもするようにしておきたいですね。
健康的に見せてくれるピンクやオレンジのチーク、コーラル系のリップなどは良い印象を持ってもらえるでしょう。

 
 

5、まとめ


アパレル面接、ハイブランド・ラグジュアリーブランドの服装マナー まとめ
 
アパレルの中でも、少し落ち着いた印象を与えることがハイブランドやラグジュアリーブランドの面接では求められること。そのことを踏まえた上で、洗練された着こなしやおしゃれな要素を盛り込む必要があります。
見た目に加えて、接客業に求められるマナーやスキルまでも見られることになるため、立ち居振る舞い・言葉遣い・笑顔なども意識して面接に臨むようにしましょう。


 

MIU MIU・バレンシアガ・メゾンキツネなど初ブランドも


MIU MIU・バレンシアガ・メゾンキツネなど初ブランドも

未経験OK!学生さんOKの求人も◎