• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員(販売員)の食生活とは?

アパレル店員(販売員)の食生活とは?
 
アパレル店員(販売員)は見た目に気を遣う仕事のため、ダイエットをしている人も多いのではないでしょうか?ただ不規則になりやすいことから食生活が乱れやすかったり、疲れやすかったりと栄養が偏ってしまうこともあります。
そんなアパレル店員(販売員)として働く人はどのようなことに気を付けているのでしょうか?アパレル店員(販売員)の食生活事情をご紹介します。

 
 

 

1、アパレル店員が食生活に気を遣う理由

アパレル店員(販売員)の食生活とは?
 

スタイルキープのため

アパレル店員(販売員)は自社ブランドの服をオシャレに着こなす必要があります。そのためにはスタイルの良さが求められるため、食べるものに関しては気を遣うようです。
食べたいものを食べたいだけ食べていると太ってしまうため、食事制限をしたり遅い時間には食べないように気を付ける人が多いでしょう。
 

不規則になりやすいため

アパレル店員(販売員)の勤務時間は早番の日もあれば遅番の日もあるため、不規則な生活に陥りやすい環境です。そうすると食事の時間も毎日異なるため、どうしても食生活が乱れやすくなります。特に遅番の日は帰宅すると21〜22時になってしまうことも。
不規則になりやすい職業だからこそ、意識的に食生活を整えるようにしたり食べる量や時間に気を遣うアパレル店員(販売員)が多いようです。
 
 

2、アパレル店員の食生活の実態

 

朝→軽め、食べない人も

アパレル店員(販売員)の朝は他の職業と比べるとやや遅めの出勤となります。ただメイクや髪型をセットしたりと身支度に時間がかかるため、朝ごはんは軽く済ませる人が多いようです。
シリアルやヨーグルト、フルーツなど簡単に栄養を摂れるものか、出勤時にコーヒーや軽食を買って店のバックヤードで食べるという人もいるでしょう。もしくは朝は食べずに朝昼兼用にするというパターンもあるようです。
 

昼→コンビニ、カフェ、お弁当を持参

昼休憩はその日のシフトによって時間が異なりますが、ランチタイムであれば近くのカフェでお昼ごはんを食べたり、コンビニでおにぎりやサラダを買って簡単に済ませる人もいます。もしくは節約のために、お弁当を作って持参する人もいるでしょう。
午後からの勤務のエネルギー源となるような食事や、休憩時間にさっと食べることができるものが好まれるようです。
 

夜→自炊、遅番の時は控えめに

夜は早く帰ることができる日は自炊をするアパレル店員(販売員)も多くいるようです。帰りにスーパーに寄って食材を買って栄養バランスのとれた食事を作ったり、休みの日に作り置きした料理を食べる人も。
遅番で帰りが遅くなる日は、炭水化物を抜いたりカロリーの高い食べ物は控えている人がほとんどです。遅い時間に食べすぎてしまうと、太ったりむくみやすいことを気にしているアパレル店員(販売員)が多いようです。
 
 

3、まとめ

アパレル店員(販売員)の食生活とは?
 
アパレル店員(販売員)の食生活の実態をご紹介しました。多いアパレル店員(販売員)は、太りやすい食生活は避けたり可能な範囲で自炊をして、スタイルキープや節約をするための努力しているようですね。
キレイで憧れられるアパレル店員(販売員)でいるためには、食生活の管理も大切な仕事の一つということかもしれません。
 
 

\登録3分!/