• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレルへ転職!面接の超基本から応用編までの完全マニュアル!

アパレルへ転職!面接の超基本から応用編までの完全マニュアル!
 

アパレル業界に憧れがある人は多いと思いますが、他の職種や業種から転職をする場合、面接ではどのように自分のことをアピールすればいいのでしょうか?またアパレル面接ならではの、気をつけるべき点や事前準備もあるため、それらの情報は面接前に知っておきたいですよね
今回は、そんなアパレル業界に転職を志す人に向けて、面接マニュアルをご紹介します。
 
 

 

1、アパレル面接の流れ

一次面接

まずは一次面接を行います。一次面接は人事担当者や、販売員の面接なら店長が行うことが多いでしょう。聞かれる内容は、志望動機や自己PRなどの一般的な面接で質問されることが中心です。
 

二次面接

二次面接に進むと、面接官はマネージャーや部長などが行うことが多く、応募者のスキルや実績を審査します。一次面接と同じ質問をされることもありますが、一貫性のある回答を心がける必要があります。
 

最終面接

最終面接は、管理職や社長が面接を行います。入社するための最終的な判断を下す面接になるため、応募者の熱意やキャリアプランを聞いて審査をします。
企業理念やブランドコンセプトなどを正しく把握し、「将来どうなりたいのか?」という点を自分の言葉で具体的に伝えるようにしましょう。
 
 

2、アパレル面接は何を見ている?

アパレル店員が【仕事を辞めたい】と伝えるタイミングは?円満退職のノウハウ
 

適性があるか

アパレル面接では、「ファッションに興味があるか」「コミュニケーション能力があるか」など、アパレル企業で働く上で必要となる適性をチェックされています。
特に販売員には接客スキルが問われるため、コミュニケーション能力は必須になります。
それぞれの職種によってより細かい適性をチェックされるため、自分の希望する職種にはどのような適性が求められるかを調べておくと良いでしょう。
 

ブランドコンセプトに合うか

アパレル面接では、自社ブランドのコンセプトに合う身だしなみであることや、ファッションセンスもチェックされています。いくらおしゃれな人でも、ブランドコンセプトにそぐわないと判断されれば、採用には至りません。
また清潔感のある身だしなみであることも重要視される部分です。
 

自分の考えがまとまっているか

アパレル面接に限らず、どの面接でも見られている部分ですが、面接では自分の考えを明確に伝えなくてはいけません。志望動機や将来についてなど、自分の意見を述べる際に曖昧な伝え方をしてしまうと、印象が悪くなります。
そのためアパレル面接では、自分の考えをしっかりまとめて伝える必要があります。
 

社会人としてのマナーや一般常識があるか

社会人としてのマナーや一般常識は、働く上で必須となるスキルです。責任を持って行動でき、最低限の一般常識は身につけておかないといけません。
面接でのやりとりや言葉遣い、入退室の立ち居振る舞いなど、細かな部分もチェックされていると思っておきましょう。
 
 

3、アパレル面接で好ましい服装とメイクは?

アパレルへ転職!面接の超基本から応用編までの完全マニュアル!
 

ブランドコンセプトに合った服装

アパレル面接を受ける時は、応募先の企業やブランドのテーマに合った服装が好ましいでしょう。応募先のブランドの服を着ていくのが、好感を持ってもらえるポイントです。
どうしても応募先のブランドの服を持っていない場合は、ブランドコンセプトに近いコーディネートを目指し、他社ブランドだと一目でわかるようなデザインの服は避けましょう。また私服面接とされている場合、スーツもNGなので注意してください。
 

清潔感のあるメイク

メイクも服と同様、ブランドの世界観や服に合うメイクが好ましいですが、アパレル面接の際は清潔感を重視しましょう。第一印象が大切になるため、メイクは清潔感が求められます。濃すぎず、ナチュラルメイクを意識しましょう。
反対にすっぴんでも印象が悪くなるため、メイクをすることは必須です。
 
 

4、アパレル面接の持ち物は?

履歴書

履歴書は面接に必須なので、忘れずに持っていくようにしましょう。折れ曲がることのないよう、クリアファイルに入れておくと安心です。もし事前に提出している場合は、履歴書の控えを持っていくと、面接前に志望動機などを確認することができます。
 

筆記用具

アパレル面接では念のため、黒のボールペンを持っていきましょう。大切な書類に記入をすることもあるため、消えないボールペンが望ましいです。
 

時計

アパレル面接に遅刻することのないように、時計をしておくと安心です。スマホでも時間を確認することはできますが、面接会場でスマホを見るのはあまり印象がよくないので、腕時計をつけておくと良いでしょう。
 

身分証や印鑑

必須というわけではありませんが、身分証や印鑑は念のため持っていきましょう。
 

スケジュール帳

「いつから勤務できるか?」など予定を確認する際にあると便利なため、スケジュール帳も持っていくようにしましょう。
 

メイクポーチ

面接前に身だしなみをチェックするために、メイクポーチがあると安心です。あくまでもメイク直しをする程度なので、メイクは家で完璧にしてから面接に挑みましょう。
 
 

5、アパレル面接でよく聞かれる質問

「志望動機を教えてください」

アパレル面接では必ず聞かれる質問です。応募先の企業やブランドを志した理由や、具体的な志望動機を答えるようにしましょう。
 

「自己PRをしてください」

志望動機とならび、自己PRもよく聞かれる質問です。自分の強みやアピールしたい部分を、自信を持って答えましょう。
 

「学生時代に力を入れたことは何ですか?」

学生時代にどんな風に過ごしていたのかを聞くことによって、応募者について深く知る目的があります。部活動やサークル、アルバイトなどの経験から、応募者の素質やスキルを判断するための質問でもあります。
 

「自分の長所と短所は何ですか?」

「自分の性格を客観的に見ることができているか」をチェックされるための質問です。短所はネガティブになりやすい内容なので、短所を踏まえた上で「どのような努力をしているか」ということを、加えて回答すると好感が持たれます。
 

「キャリアプランを教えてください」

アパレル面接では、「自分の将来についてどのように考えているか」という部分もチェックされています。キャリアプランはあくまでも予定にはなりますが、ポジティブかつ仕事への熱意を感じられる計画を立てておきましょう。
 

「最後に何か質問はありますか?」

アパレル面接の最後に、面接官から逆質問をされる場合もあります。「特にありません」よりも、逆質問をした方が熱意が伝わりやすいので、面接前にいくつか考えておくと良いでしょう。
ただ調べればわかることや、面接中に話題に上がったこと、給料や待遇に関する逆質問はNGです。
 
 

6、アパレル面接で転職理由を聞かれたら?

アパレルへ転職!面接の超基本から応用編までの完全マニュアル!
 
転職のアパレル面接の場合、「なぜ前の会社を辞めたのですか?」と退職や転職の理由を聞かれます。仕事を辞める理由は「給料が低かった」「人間関係が悪かった」などのネガティブなことが多いですが、アパレル面接でそのまま伝えると印象が悪くなってしまいます。また前職の愚痴やマイナスな発言は控えなくてはいけません。
転職理由で好感を持たれる回答は、「キャリアアップのため」「新たな挑戦のため」などのポジティブな内容が望ましいでしょう。嘘をつくのはいけませんが、自分の働く意欲をアピールすることが肝心です。
 
 

7、アパレル面接の事前準備

応募先について調べる

アパレル面接を受ける前には、必ず応募先についての下調べをしましょう。企業やブランドのホームページを見ると、企業理念やブランドコンセプトを知ることができます。展開している商品や店舗なども把握できるので、面接前に知っておきたい情報を集めておきましょう。
また実際に店に行って、ブランドの世界観や雰囲気を感じることも大切です。応募先のことをよく知ることで、より具体的な志望動機やキャリアプランを伝えることができます。
 

面接対策をする

アパレル面接の前には、面接対策をしましょう。どのような質問をされるか、あらかじめシミュレーションをしておくと、本番でも落ち着いて回答することができます。
もし可能であれば、家族や友人に面接官役をお願いして、質疑応答の練習をすると自信がつきます。
 

面接日時や持ち物を確認する

アパレル面接の直前には、今一度面接日時や持ち物の確認をしましょう。面接会場や面接時間を再度確認し、交通手段もチェックしておくと安心です。
また履歴書などの持ち物も、忘れ物がないかを確認し、必要なものがあれば事前に用意しておきます。面接当日に慌てることのないように、余裕を持って準備しておきましょう。
 
 

8、まとめ

アパレルへ転職!面接の超基本から応用編までの完全マニュアル!
 
転職してアパレル業界で働きたい人にとって、まずは面接を突破することが最初の課題です。面接は緊張しますが、事前の準備や対策を念入りに行えば、落ち着いて挑むことができます。
ぜひご参考にしてみてくださいね。
 
 

\登録3分!/