• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接で「特技」を聞かれたら何と答える?

アパレル面接で「特技」を聞かれたら何と答える?
 
アパレル面接では「特技は何ですか?」と聞かれることがよくありますが、特技と聞かれても答えることがなくて悩んでしまう人は多いと思います。
では面接官はなぜ応募者の特技を聞くのでしょうか?その質問の意図と、アパレル面接でどんな特技を答えると採用に有利になるのかを解説します。
 
 

 

1、アパレル面接でなぜ「特技」を聞かれるの?

アパレル面接で「特技」を聞かれたら何と答える?
 

応募者のことを詳しく知るため

アパレル面接で特技を聞かれる理由は、応募者のことをより詳しく知るためです。特技を聞くことで、「どのような人なのか?」という部分を掘り下げることができます。
特技がきっかけで、「得意なこと」「強み」「努力してきたこと」などを把握することにつながるため、求める人物像にふさわしい人材かどうかを見極める判断材料になります。
 

「特技」といえるようになるための過程を知る

たとえば中学時代からずっとテニスを続けてきた人にとっては、テニスが特技になると思います。自信を持って特技といえるようになるためには、「諦めずに続けてきた」「誰よりも練習を重ねた」「大会に出て結果を残した」などの、努力をしてきたことがあるはずです。
面接官はどんな特技であるかというよりも、「特技といえるようになるためにどんな過程があったのか」また「どのような努力をして学んだことがあったのか」を知ろうとしています。
 
 

2、アパレル面接で「特技」を聞かれたら?

 

アパレル面接で「特技」を聞かれたら何と答える?
 

アパレルで活かせそうな特技

特技が何かと聞かれると、特別な資格や経験がないといけない印象がありますが、自分の得意とすることや強みをアピールすることが大切です。アパレル面接の場合、アパレルの仕事に活かせそうな特技を答えると採用に有利になるでしょう。
アパレル店員を例にすると、アパレル店員は店頭に立って常に笑顔で接客を行うことが求められるので、コミュニケーション能力の高さや社交的な部分をアピールできる特技が◎またファッションに関することも好感を持たれます。
立ち仕事というハードな一面もあるため、スポーツ経験や飲食店のアルバイト経験を特技として答えるのも良いでしょう。
 

一般的に良い印象の特技

特技は自分が自信を持っていえることで良いですが、あまり印象が良くないことは控えましょう。ネガティブなイメージを抱いてしまう内容や、一般的に認知されていない内容を答えてしまうと、面接官に伝わらずに自分が損をしてしまいます。特に宗教や思想に関すること、犯罪を連想させること、ギャンブル系は避けるべきです。
誰が聞いても良いイメージを抱くことができる、ポジティブな内容が望ましいでしょう。
 

「特になし」はNG

特技といえることが思い浮かばないからといって「特にありません」は避けた方が良いでしょう。特技がないという人でも、「誰とでもすぐに仲良くなることができる」「人の名前と顔を覚えることが得意」などの能力をアピールする内容でも構いません。
面接に意欲的で自分を一生懸命アピールする姿勢が大切です。
 
 

3、まとめ

アパレル面接で「特技」を聞かれたら何と答える?
 

アパレル面接で聞かれる「特技」は、自分のことを面接官にアピールするチャンスでもあります。特技を聞かれる意図を正しく把握し、好感を持ってもらえるような答え方をシミュレーションしてから、面接に挑むようにしましょう。
 
 

\登録3分!/