• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員(販売員)がお客様に連絡先を聞かれたら?適切な断り方について

アパレル店員(販売員)がお客様に連絡先を聞かれたら?適切な断り方について
 
アパレル店員(販売員)が勤務中にお客様に連絡先を聞かれた場合、どのような断り方をすれば良いのでしょうか?お客様とトラブルに発展しないためにも、適切な対応を身に付けておきたいものです。
ここではお客様からナンパされた時の対処法をご紹介します。

 
 

 

1、お客様に連絡先を聞かれる?

アパレル店員(販売員)はオシャレで華やかな人が多いため、お客様の中には「憧れの存在」という認識を持つ人もいます。特にメンズ服を取り扱うブランドだと男性客も多いので、声を掛けられることもあるでしょう。
好意を持ってもらうことはありがたいですが、実際に連絡先を教えたりプライベートで会うような関係に発展することは、ごく稀なケース。店員という立場上、断るようにしている人がほとんどでしょう。
お客様から連絡先を聞かれた場合、個人の判断に任せているブランドもあれば、「連絡先を教えてはいけない」というルールを決めているブランドもあるようです。アパレル店員(販売員)として適切な対応が求められるでしょう。
 

2、断る際に気を付けたいこと

 
アパレル店員(販売員)がお客様に連絡先を聞かれたら?
 

あくまでも店員としての対応をする

街を歩いていてナンパをされたら無視をしたり冷たい態度をとることもあると思いますが、勤務中に連絡先を聞かれた場合は、あくまでも店員という自覚を持って対応しなくてはいけません。
あまり失礼な断り方をしてしまうと、お客様を不快な気持ちにさせてしまったり逆上してクレームをつけられる可能性もあります。そのようなトラブルに発展しないためにも、お客様であるということを前提で、対応を考えるようにしましょう。
 

期待をさせない

お客様から連絡先を聞かれた時は、キッパリとお断りすることが大切です。中途半端な断り方や期待を持たせる言い方をしてしまうと、お客様からしつこく声を掛けられることにもなりかねません。
店員として丁寧に対応しつつも、自分の意志が明確に伝わる断り方をしましょう。
 
 

3、断り方の例

「勤務中なのですみません」

アパレル店員(販売員)という立場なので、お客様に連絡先を聞かれた時は「勤務中なのですみません」という断り方が良いでしょう。仕事を理由にすれば自然にお断りすることができます。
 

「恋人がいるので / 結婚しているので」

恋人がいたり結婚していることを伝えるのは、断るための口実として使いやすいでしょう。何度も声を掛けてくる人やなかなか諦めてくれない人に適した断り方です。
 

「店で禁止されているので」

連絡先を聞かれても店で禁止されていると伝えれば、さすがにそれ以上声を掛けることはできなくなるでしょう。あまりにもしつこいお客様がいる場合は、店長に相談して対応してもらうのも◎
 
 

4、まとめ

アパレル店員(販売員)がお客様に連絡先を聞かれたら?
 
勤務中に声を掛けられて連絡先を聞かれることは、働いていると起こり得ることかもしれません。ただ余計なトラブルを避けるためにも、断り方には気を付けたいもの。もし不安な場合は一人で抱え込まず、店長や他のスタッフに相談をしたり助けてもらうことも一つの方法です。
 
 

\登録3分!/