• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

お店の顔!憧れの店員の髪型やメイクのセットについて

お店の顔!憧れの店員の髪型やメイクのセットについて
 
アパレルの店員として働くなら自社のブランドの服を身に付けることが一般的ですが、髪型やメイクに関してはどんな規定があるのでしょうか? また「どんなことに気を付けているのか」「メイクが崩れてしまった場合はどうするのか?」といった疑問を解決します。

 

 

1、メイクや髪型のセットにかかる時間は?

出勤前なので30分〜1時間が理想

メイクや髪型のセットは個人差があるので、早い人から時間をかけて行う人まで様々。ですが出勤前のセットなので、できるだけスピーディーに済ますことが理想です。
さすがにすっぴんで出勤することはNGなので、ベースメイクとポイントメイクをして、その後コテかアイロンを使って髪型をセットする流れを考えると、30分〜1時間程度で完成できるようにしたいもの。
朝は時間が限られていてバタバタしてしまうので、時短メイクができるアイテムを使ったり自分の定番ヘアスタイルを決めておいたり、服装に関しては前日にコーディネートを完成させておくだけでも効率が良くなります。アパレル店員には、短い時間で身なりを整えるテクニックも必要と言えるでしょう。

 
 

2、規定や気を付けていることは?

お店の顔!憧れの店員の髪型やメイクのセットについて
 

ブランドイメージや服装に合わせる

アパレル店員はコーディネートだけに限らず、メイクやヘアスタイルなど全体のバランスが取れていなくてはオシャレな印象を与えることはできません。そのためメイクや髪型は、ブランドイメージやその日の服装を意識して整える必要があるでしょう。
多くのブランドには髪色の規定やメイクのマニュアルが設けてあります。全て自由とされているブランドも存在していますが、ブランドの系統やコンセプトに合った身なりをしなくてはいけません。
また毎日コーディネートを考える際には、メイクや髪型も変化させることが望ましいでしょう。服の色に合わせたアイシャドウやリップを使用したり、髪を巻くかストレートにするかでもだいぶ印象が変わります。そのように髪型やメイクもファッションの一部として考えることが求められるでしょう。

 

清潔感を意識

ブランドによっては派手な服装や髪色でも良いとされているところもありますが、アパレル店員は接客業のため清潔感を意識しなくてはいけません。お客様から見て不快感を与えないような、清潔な見た目を心掛けましょう。
不衛生に思われてしまいやすいのは、ネイルが剥がれていたり、髪色が落ちていたりプリン状態になっていること。またメイク崩れも印象が良くありません。
日々の忙しさで全てを完璧にすることは難しいかもしれませんが、休日にはメンテナンスの日と決めてケアをしているアパレル店員が多いようです。

 

トレンドを取り入れる

アパレル店員はお客様の参考になるような見た目である必要があります。一歩先をいくファッション、メイク、髪型はアパレル店員なら率先して取り入れなくてはいけません。
そのためには日頃からファッション誌やSNSなどから情報を入手したり、スタッフ同士でアドバイスをしたり仕事をしている時間以外にも常にアンテナを張っておくことが求められます。なかには研修や講習会を開催しているブランドもあるため、そのような場にも積極的に参加することが、自身のセンスや感度を上げるための秘訣とも言えるでしょう。

 
 

3、崩れてしまったらどうする?

お店の顔!憧れの店員の髪型やメイクのセットについて
 

休憩時間を利用してお直しを

どんな人でも「仕事中にメイクが崩れてきた」と感じる瞬間があると思います。気になった時にすぐに直せる環境であれば良いですが、アパレル店員はお客様の前で鏡を見たりメイクを直すことなどできません。
なので、トイレに行く時や休憩時間を利用してメイクを直すようにしましょう。パウダーやリップ、綿棒やミストなどを入れたお直し用のポーチを準備しておき、気になる箇所をささっと直して仕事に戻れば、メイク崩れの心配もありません。
もし今すぐ直したいという時には、タイミングを見てバックヤードに戻り簡単に手直しするといった人もいるようです。

 

崩れにくいような工夫をする

朝のメイクやヘアセットの段階で、できるだけ崩れにくいように工夫をするのも大切です。メイクは厚塗りしすぎると皮脂や乾燥によるメイク崩れを引き起こしてしまうことも。そのため気になる部分はファンデーションを塗りまくるのではなく、コンシーラーで隠したりハイライトで肌のトーンを上げると厚塗りを防げます。
また接客をするため、口元のメイクが崩れやすいのがアパレル店員の特徴。リップは色持ちが良いものや保湿効果が高いものを使うと良いでしょう。
髪型についてはコテで巻いた場合はカールが長時間持つようにオイルやワックスを仕込んだり、崩れにくいヘアアレンジをすると良いでしょう。帽子をかぶることがOKなブランドなら、帽子をかぶってヘアスタイルを上手に誤魔化すのも一つの作戦です。

 
 

4、まとめ

お店の顔!憧れの店員の髪型やメイクのセットについて
お店の顔とも言えるアパレル店員は、センスの良いコーディネートや真似したくなるメイクや髪型をすることで、お客様から憧れのまなざしで見られることも多いでしょう。そのことで売上が上がったりリピーターを獲得することにもつながります。
ブランドイメージを意識した、自分なりのメイクや髪型を研究してみましょう。
 
 
\常に最新のメイクが学べる/

 
\登録3分!/