• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員は貯金ができない!?今からでもできる貯金の方法もご紹介!

アパレル店員は貯金ができない!?今からでもできる貯金の方法もご紹介!
 
アパレル店員は給与が低いイメージがありますが、その中から貯金をすることはできるのでしょうか?将来のことを考えると計画を立てて貯金をするのが理想ですが、服代などの出費がかさむアパレル店員にとっては難しい問題でもあります。
今回はそんなアパレル店員でも、計画的に賢く貯金をする方法をご紹介します。
 
 

 

1、アパレル店員の給与と出費

アパレル店員は貯金ができない!?今からでもできる貯金の方法もご紹介!
 

アパレル店員の給与は、月給18〜20万円程度といわれています。ボーナスやインセンティブの支給がある企業であれば、もっと稼いでいるアパレル店員もいますが、一般的な給与の水準はこれくらいが多いようです。
仕事柄、見た目に気を使う必要があるため、服代や化粧品代、美容院代やネイル代などが、アパレル店員の出費の大半を占めるでしょう。そのほかにも毎日のお昼代や飲み物代、一人暮らしをしている人なら家賃や光熱費、また交際費やスマホ代などの出費もあるため、やりくりを上手にしないと生活が苦しくなってしまいます。
ただアパレル店員の場合、自社ブランドの服は社員割引で安く購入することができます。社員割引は30〜60%が相場で、服代がかかるアパレル店員にとってはありがたい待遇です。
 
 

2、貯金はどうやってする?

アパレル店員は貯金ができない!?今からでもできる貯金の方法もご紹介!
 

節約を意識した生活

限られた給与の中から貯金をするのは、節約を意識した生活を心がけなくてはいけいません。まずは毎月の出費を計算し、何にいくらのお金を使っているかを把握しましょう。アパレル店員の場合は、身だしなみに関する出費が多いと思いますが、これらは仕事をする上で必要不可欠な出費になるため大幅に削ることは難しいでしょう。
もし節約をするなら、「上限を決める」「安い美容院に変える」「ネイルサロンではなくセルフネイルにする」などの方法なら始めやすいでしょう。
 
 

食費はお弁当にして浮かす

仕事の日はお昼代が必要になると思います。アパレル店員は、商業施設や百貨店に勤務することが多いため、コンビニやカフェなどを利用しやすいというメリットがある反面、その分誘惑も多く食費が増えやすいことがデメリットです。
そのため食費を節約するためには、お弁当を持参するのがおすすめです。遅番の日や時間に余裕がある日から始めて、簡単に作れるレシピを調べたり冷凍食品を活用するなど、自分にとって負担がかからないやり方を見つけましょう。
 
 

先取り貯金をする

毎月給与すべて使い切ってしまう人は、先取り貯金を試してみましょう。自分で決めた金額を、給与が入ったら別口座に移して貯金をする方法です。企業によっては給与から天引きされて貯金をすることができたり、銀行や郵便局の定期預金を利用するのも一つの方法です。
「余ったら貯金する」という考え方ではなかなか貯まらないため、給与が入った段階で強制的に貯金をする方が確実に貯めることが可能です。
 
 

3、まとめ

アパレル店員は貯金ができない!?今からでもできる貯金の方法もご紹介!
 
アパレル店員の給与と貯金のやり方をご紹介しました。毎月の収支を把握してしっかりとお金の管理をすれば、貯金をすることができます。まずは挑戦できそうなことから始めて、無理のないやりくりを考えてみましょう。「一年間で50万円貯金する」と年単位で目標を決めることでモチベーションも向上します。お金の使い方を見直して、計画を立てて管理するようにしましょう。
 
 

\登録3分!/