• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル業界は年齢関係なく働ける?年齢は面接に関係する?

アパレル業界は年齢関係なく働ける?年齢は面接に関係する?
 
アパレル業界は20〜30代が多く活躍しているイメージですが、それ以外の年代の人でも働くことは可能なのでしょうか?これからアパレル業界で働きたい人にとって、年齢はとても気になる部分だと思います。
アパレル業界に年齢制限はあるのか、また年代別の面接のポイントをご紹介します。

 
 

 

1、アパレル業界は年齢関係なく働ける?

 
アパレル業界の多くは若い世代が中心となって働いていますが、具体的な年齢制限をしている企業は少ないでしょう。アパレル業界ではどのブランドでも、コンセプトやターゲット層を定めています。そのため、ヤング向けのブランドからミセス向けのブランドまで幅広く展開しているので、自分の年齢とそのブランドイメージに合っていれば働くことは可能でしょう。
アパレル販売員を例にあげると、10代の応募資格は「高卒以上」とされていることが多く、この条件を満たしていれば未経験でも働くことができます。40代以上なら百貨店のミセス向けブランドやファミリー向けのブランドなどが活躍しやすい環境といえるでしょう。
応募する前にどれほど自分と企業がマッチングしているかを調べておくと安心です。

 
 

2、未成年のアパレル面接のポイント

 
アパレル業界は年齢関係なく働ける?年齢は面接に関係する?

 

経験よりも熱意

未成年でアパレル面接に挑む場合、ポイントとなるのは熱意をアピールすること。10代なのでまだ社会人としての経験やスキルがないのは当然です。それは企業側も理解していることなので、それよりもアパレル業界への熱意ややる気を感じてもらうことが重要です。
アパレル業界を志した理由や自分の性格で活かせそうな部分を、面接でアピールすると好感を持たれるでしょう。

 

将来性や目標

面接では「将来どんな活躍をしたいか?」「アパレル業界で何を目指しているか?」といったキャリアや目標について聞かれることもあります。”面接に受かって普通に働けたら良い”と捉えるのではなく、自分の将来についてのビジョンを持つことは10代であっても考えておきたいこと。
未成年といえど、働くとなったら一人の社会人として責任ある行動と目標を持たなくてはいけません。この部分を明確に答えられるかによって、採用にも大きく影響してくるポイントといえるでしょう。

 
 

3、40代・50代のアパレル面接のポイント

 
アパレル業界は年齢関係なく働ける?年齢は面接に関係する?

 

経験や実績

40代や50代のアパレル面接において判断基準となるのは、経験や実績です。ある程度社会人としての経験やこれまでの仕事で培ったスキル、あるいは実績などがあることを見込んで、即戦力となる人材を求められることが多いからです。
もしアパレル業界の経験はなくても、接客経験や販売経験があれば積極的にアピールしましょう。本社勤務なら事務作業やPCスキルの経験があると有利になります。

 

「歳だから」は禁句

年齢を重ねるにつれ、新しい環境で働くことに引け目を感じたり不安になってしまうと思います。ですが応募者側がその姿勢では、受かるものも受からなくなります。
「もう歳だから…」といった年齢をネガティブな表現にすることは避けましょう。そうではなくこの歳だからこそ活かせる能力があることを伝え、年齢を感じさせないアグレッシブさが採用につながるポイントです。

 
 

4、まとめ

アパレル業界は年齢関係なく働ける?年齢は面接に関係する?
アパレル業界で年齢を気にせず働くには、ブランドのターゲット層に合ったところを選ぶ必要があります。自分の年齢と経験、活かすことができるスキルをアピールし、「採用することでどんなメリットがあるのか」ということを感じ取ってもらいましょう。
年齢にとらわれず、自分らしく働けるブランドを探してみてくださいね。

 
 

\登録3分!/