• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員(販売員)になるためには大学と専門どっちがいい?大学に進学するメリットは?

アアパレル店員(販売員)になるためには大学と専門どっちがいい?大学に進学するメリットは?
 
アパレル店員(販売員)になるために学歴は必要なのでしょうか?進路を決める時に大学か専門学校かで迷う人もいると思いますが、どちらに進学した方がアパレル店員(販売員)になりやすいのかも気になるところだと思います。
そんなアパレル店員(販売員)のなり方や、大学に進学した場合のメリットをご紹介します。

 
 

 

1、アパレル店員(販売員)のなり方

 
アパレル店員(販売員)のほとんどは、学歴不問とされているところが多いようです。そのため高校を卒業していれば誰にでも応募資格があるということになるため、大学や専門学校に行っていなくても目指すことが可能です。
アパレル店員(販売員)の活躍できる場所は、百貨店や駅ビル、ショッピングモールなどのアパレルショップで働くことになります。自分の志すブランドの求人を探して、応募条件を満たしていることを確認してから応募をするようにしましょう。
また大学や専門学校に通いながら、アパレル店員(販売員)のアルバイトをしたりインターンに参加する人も多く、就活に有利となる経験を身につけることも一つの道です。

 
 

2、大学と専門学校の違い

 

大学

大学は4年間通うことが一般的で、単位制であることが特徴です。一般教養を身につけることはもちろん、志望する学部・学科でより深く様々な知識を学ぶことができるため、幅広い教養を身につけることができます。自由度も高く、様々な人に出会えることも大学の楽しさといえるでしょう。

 

専門学校

一方で専門学校は特定の職業に就くために必要な知識や技術を学ぶ学校のことです。専門学校は2年間のカリキュラムを組んであることが一般的。卒業後の進路も定まりやすく、身につけたスキルを活かして働くことができます。大学に比べると自由度は低いですが、手に職をつけたい人や学びたいことが明確な人は専門学校の方が向いているでしょう。

 
▼あわせて読みたい

 
 

3、どんな大学へ進学したらいい?

 
アパレル店員(販売員)になるためには大学と専門どっちがいい?大学に進学するメリットは?
アパレル店員(販売員)になりたい人は、関連する学部や学科を選択すると良いでしょう。ファッションに関係する服飾学部や家政学部などは、アパレル店員(販売員)になった時に役立つ知識を学ぶことができます。
また経営学部や経済学部、社会学部などはファッション以外にもマーケティングや現代社会について学ぶこともできるため、アパレル店員(販売員)としてキャリアアップをするためにあると有利な知識といえるでしょう。
ただアパレル店員(販売員)は「この学部でなければ働けない」ということありません。大学生活を通して、アパレル店員(販売員)として活かせそうな経験を積むことが大切です。

 
 

4、大学で学べること、資格は?

パレル店員(販売員)になるためには大学と専門どっちがいい?大学に進学するメリットは?
大学では一般教養を始め、自分が専攻した学科ではより専門性の高い勉強や研究をすることができます。専門学校は目指す職業に向けての勉強が中心となりますが、大学ではもっと幅広い知識を身につけることができるので、大学生活の中で将来の夢ややりたいことを見つける人も多いでしょう。
アパレル店員(販売員)には特に必要な資格はありませんが、あると役立つ資格はいくつかあります。まず「ファッション販売能力検定」や「販売士」は接客スキルやマナーなどを身につけることができるので、アパレル店員(販売員)になってもお客様への接客の際に活かすことができるでしょう。
また「色彩検定」「カラーコーディネーター検定」などの色に関する知識は、服のコーディネート以外にディスプレイなどにも活かすことができます。働き始めてから資格の勉強をすることは大変なので、在学中に独学で勉強をしたり、資格取得を支援してくれる学部を選択すると良いでしょう。

 
 

5、まとめ

パレル店員(販売員)になるためには大学と専門どっちがいい?大学に進学するメリットは?
アパレル店員(販売員)に学歴は問われないことがほとんどですが、大学に行くと幅広い教養を身につけることができたり、キャリアアップをしやすいなどのメリットがあるでしょう。アパレル店員(販売員)になった時に活かせることを学べる大学に進学し、有意義なキャンパスライフを過ごすことが理想ですよね。

 
 

\登録3分!/