• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル業界でキャリアアップしたい人必見!VMDのお仕事って?

アパレル業界でキャリアアップしたい人必見!VMDのお仕事って?
 
アパレルで服が売れる理由は、ショップ店員による接客が重要な役割を持ちますが、もう一つ大切なことがディスプレイです。マネキンのコーディネートが良ければその服が売れますし、店内の雰囲気やディスプレイが魅力的であればお客様の購買意欲を促し売上につながります。
そんなアパレルの売り場作りを行うVMDのお仕事は責任感があるものの、やりがいのある職種です。仕事内容やVMDに向いている人をご紹介したいと思います。

 

 
 

 

1、VMDの仕事内容は?

VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)は主に店内のディスプレイやレイアウトを考え、お客様の購買意欲を促すことを目的としています。つまり商品をいかに魅力的に見せ、効果的な展示をするかで売上に大きく影響する、とても責任のある仕事といえるでしょう。
 
仕事内容としては、
 
・VMDプランの作成
・ディスプレイやレイアウトの指示
・什器やマネキン等の手配
・店舗の巡回やスタッフへのトレーニング

 
などを行います。VMDはただディスプレイを考えれば良いという簡単なことではなく専門性のある内容となります。
 
VMDの基本は、
 
・VP(ヴィジュアルプレゼンテーション)
・PP(ポイントプレゼンテーション)
・IP(アイテムプレゼンテーション)

 
という、以上の3つの点から考えます。ブランドのコンセプトを意識したディスプレイの展開や売り出したい商品をメインにしたディスプレイ、さらにはお客様の動線から商品を手に取りやすいレイアウトを考えるなど、日頃からマーケティングリサーチを行なったり分析力も求められる仕事です。

 
 

2、VMDは店舗配属?本社勤務?

アパレル業界でキャリアアップしたい人必見!VMDのお仕事って?

 

店舗配属も本社勤務もあり

VMDの勤務地は企業によって異なります。まず1つ目はショップ店員としてお客様の接客などの業務を行いながら、店舗のVMD担当として任されるパターン。店舗配属だと実際にお客様の声や動向などもわかるため、売り場作りに反映しやすくより具体的なプランを練ることができるでしょう。
2つ目は本社勤務として働くパターンもあります。本社勤務となればMDや他部署とも連携を図りやすく、ブランド全体に統一感のあるVMDプランを立案できたり、様々な情報をもとに業務を進めやすくなるでしょう。また本社勤務のVMDは全国の店舗をまわり、ディスプレイの指示やスタッフへのトレーニングを行うこともあるようです。

 
 

3、VMDに向いている人

アパレル業界でキャリアアップしたい人必見!VMDのお仕事って?
 

センスがある人

VMDは経験値を上げることで自分のスキルも磨かれていきますが、元々のセンスの良さがあるかどうかも重要なこと。単純にトレンドのアイテムを組み合わすだけでなく、オリジナリティを取り入れたコーディネートを考えるのが好きな人や、周りからセンスの良さを褒められる人はVMDになってもその感性を活かすことができるでしょう。

 

情報収集や分析が得意

VMDは常にたくさんの情報を仕入れ、分析を行わなくてはいけません。的確なリサーチをしてそれを売り場作りに反映し、お客様の心をつかめば売上として数字に表れるからです。
また店舗ごとに客層や売上が伸びる時間帯も異なるため、それらをしっかりと分析し、戦略をたてたりディスプレイを変更するなどの工夫が必要です。
日頃から様々な情報を集めることが好きな人や、「なぜ?」「どうして?」と考える習慣がある人はVMDに向いているといえるでしょう。

 

客観的に見ることができる

売り場作りのポイントは、ただ店側の売りたい商品をPRするだけでなく、お客様の立場になってニーズのあるVMDプランを考えることが必要です。
そのためには客観的に物事を見ることができる人がVMDに適しているでしょう。またよくVMD担当がやっていることですが、一旦店の外に出て店全体を見回すことも大切です。そうすることで、店前を歩くお客様の目に留まりやすい場所にディスプレイを展開したり、必要のないスペースを見つけたり、動線の確認をすることができるからです。
冷静かつ客観的な判断もVMDには必要なスキルといえるでしょう。

 
 

4、まとめ

アパレル業界でキャリアアップしたい人必見!VMDのお仕事って?
VMDの目的は、視覚による効果やお客様の心理にはたらきかけるディスプレイを作り出すことで、売上アップを目指します。直接お客様に商品の説明をするわけではありませんが、自分の考えたVMDプランで商品が売れた時はとてもやりがいを感じる瞬間でしょう。
客観的な視点や分析力も必要となるVMDは、アパレルのキャリアアップとして狙えるポジションでもあります。自分のスキルを試すべく、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 
 

\登録3分!/