• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員同士の実際の人間関係について

アパレル店員同士の実際の人間関係について
 
アパレルのお仕事と聞くとオシャレで華やかなイメージがある一方で、女性が多い職場環境のため人間関係でトラブルが発生しやすいのでは?と思う人も多いのではないでしょうか。またノルマや売上を意識する仕事内容からライバル関係に発展しやすい印象もあります。
でも実際にそんなことってあるのでしょうか?アパレル店員同士の人間関係について探ってみましょう。

 

 

1、アパレル店員同士の人間関係がギスギスしていると思われがちな理由

女性が活躍する職場環境

アパレル店員の人間関係が良好でないと思われがちな理由として、女性が多く活躍する職場環境にあると言えます。基本的にレディースブランドのアパレルショップなら店員も女性を採用するため、スタッフ全員が女性ということがほとんど。そうすると女同士のし烈なバトルが起きそうな印象を抱いてしまうのです。
よく「女子校は仲が悪かったり陰湿なことをしていそう」といったイメージが持たれるように、アパレル店員も陰でコソコソ悪口を言っていたり厳しいダメ出しをされそうだという、先入観を持たれやすい職業なのかもしれません。

 
 

2、実際はこんな人が多い!アパレル店員

アパレル店員同士の実際の人間関係について
 

チームワークがある

女性が多いと何かと悪いイメージを持たれがちですが、実際はチームワーク重視の職場が多いようです。決められた予算を達成するために接客に力を入れたり効率よく業務を行う工夫をするなど、それは一人だけでは決してできないこと。スタッフ同士協力し合うことで結束力が生まれ、お客様の満足度が高くなったり売上の向上にもつながるなど、プラスになることが多いため、ギスギスした関係性というよりかは一致団結して楽しく働く人が多い職種と言えるでしょう。

 
 

「オシャレが好き」という共通点がある

アパレル店員は服やオシャレをすることが大好きな人たちが集まる仕事ですよね。経験や年齢を問わず、その気持ちはみんなに共通することなので自然と打ち解け合うことができるのです。
どんなことでも共通の趣味がある人とは仲良くなれるのと同じように、アパレルという職種には似た価値観や好みをもつ人が多いため仲が悪いというよりも、むしろプライベートでも交流をもつ関係性のスタッフが多いことが特徴です。

 
 

コミュニケーション能力の高い人が多い

初対面の人とも自然に話すことができたり、会話のキャッチボールが上手な人が多いアパレル店員は、コミュニケーション能力の高い人が多い職種だと言えます。人見知りでまったく話さない人はほとんどおらず、休憩時間が一緒になると気さくにおしゃべりをして積極的にコミュニケーションを取ろうとする人が多いでしょう。

 
 

女性ならではの悩みを共感してくれる

女性が主なアパレル店員は、ギスギスした関係になりやすいのも事実ではありますが、それよりも女性だからこそ生まれる絆というのもあります。女性にしかわからない悩みや不安、体の不調などは男性には相談しにくく、女性が多い職場だから話しやすいというメリットがあるのです。
スタッフで誰かが困っていたり体調不良を申し出ている時は、他のスタッフがサポートをして協力する体制が取られているので、安心して働けるのもアパレル店員の特徴と言えるのではないでしょうか。

 
 

3、人間関係が悪くなりがちな環境とは

アパレル店員同士の実際の人間関係について
 

個人ノルマや売上を競う傾向業

アパレルは売上を意識した接客やサービスを行うことが求められます。そのため多くのショップには月の売上目標が定められたり、個人ノルマが課せられることもあるでしょう。
そのような職業柄、店員同士にはライバル関係が生まれやすく、アパレル店員は仲が良くないという印象になりやすいのです。

 
 

ストレスや疲れによるイライラ

アパレルに限ったことではありませんが、仕事のストレスや疲れが原因でイライラしてしまい、店員同士の人間関係にまで影響していることも考えられます。
特にアパレルは土日やセール時期などは非常に忙しくなります。また基本的にヒールを履いて1日中立ちっぱなしの状態が続くため、立ち仕事特有の疲れなども感じやすい職業。そのような身体的にストレスがかかることが原因で、店員同士でイライラをぶつけ合ってしまうのではないかと思われやすいのかもしれません。

 
 

4、気になる人間関係が良いアパレル求人の見つけ方

アパレル店員同士の実際の人間関係について
 

ノルマなしのアパレルブランドを探す

どうしても個人にノルマが課せられるとギスギスした関係になりやすいのが現実問題。それならはじめからノルマなしのアパレルブランドを探すようにしましょう。
店舗ごとに決められた予算などはあっても個人に求められるノルマはないため、大きなプレッシャーや負担は少なくなります。そうすると必要以上に競争意識が生まれなくなるため、フラットな気持ちで仕事に集中することが可能でしょう。

 
 

福利厚生の充実

福利厚生が充実していると、その分スタッフの働きやすい環境が整っていることになります。有給取得や年間休日の日数、従業員割引や提携施設の利用、また社員旅行や社内イベントが定期的に行われているアパレルブランドは、スタッフ同士の仲が良いことが多いもの。
働く意欲が上がると仕事のパフォーマンスもアップし楽しく働けるので、人間関係でトラブルが起きるようなことはほとんどないでしょう。

 
 

実際に店に行ってみる

「働いてみたい」と考えているアパレルブランドがあるなら、まずは直接お店に行ってみて雰囲気や空気感などをチェックしておくことが大切。スタッフのやりとりや態度を見ていると、なんとなく仲の良さを伺い知ることができるでしょう。
あまりに私語が多すぎるのはまた問題ですが、店員が目と目を見て笑顔でやりとりをしているなら、まず人間関係のトラブルは起きていないと判断して良いでしょう。

 
 

5、まとめ

 
女性が多い職場には、どうしても人間関係が良くないイメージが強く持たれます。でも実際は女性同士だからこそ生まれる団結力があったり、アパレルの仕事が好きな気持ちが共通している人が多く集まっているため、仲が良い職場がほとんど。
先入観で判断せず、事前にリサーチをして店の雰囲気やスタッフの関係性を知っておくと、自分が入社した時でもすんなり溶け込むことができるはず。笑顔で明るくいることが大切なポイントとなるでしょう。