• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレルのNG面接服まとめ◎「私服OK」は「なんでもいい」ではない!

アパレルのNG面接服まとめ◎「私服OK」は「なんでもいい」ではない!
 
アパレルの面接に行く時に迷ってしまうのが服装。基本的に「私服でお越しください」と言われることが多いアパレル業界ですが、この「私服OK」というのはそもそもどういう意図があるのでしょうか?面接と言えばスーツの印象が強いですが、アパレルの面接の場合はどんな服装が好まれるのか、またNGなアイテムについてもご紹介します。

 

 

1、アパレル面接服 「スーツ」or「私服」どっちがベスト?

「私服」が適している

アパレルの面接服はスーツか私服の二択であれば、ずばり「私服」が正解。求人の応募条件に「私服でお越しください」と書かれていれば私服で行くようにしましょう。もし何も条件が書かれていない場合でも、ラグジュアリーブランドでない限り、私服で行く方が望ましいでしょう。
アパレル面接で私服が好まれる理由としては、応募者が実際に店頭に立っている姿をイメージしやすかったり、その人のファッションセンスも知ることができます。そのためアパレルの面接は他の業種の面接に比べて、服装のチェックもされていると考えておきましょう。

 
 

2、私服=普段着はNG!「私服でお越しください」の意味

アパレルのNG面接服まとめ◎「私服OK」は「なんでもいい」ではない!
 

ブランドイメージに合った服装

私服で面接を受けるということはどんな格好で行ってもいいという意味ではなく、アパレルの面接服としていくつかポイントを抑えておく必要があります。
まずは面接を受けるブランドのイメージに合った服装をするようにしましょう。それはブランドが展開している服を着たり、テイストが似ている服装にするということ。そうすると面接官にはブランド愛が伝わったり、ブランドのイメージを理解していると判断されます。
もし難しいと感じたら、実際にショップに立つ店員さんのコーディネートを参考にしたり、SNSや雑誌に掲載されているアイテムから情報を得るとイメージしやすいでしょう。

 
 

清潔感を意識

普段の服装がダメージデニムや着古した服を好んでいて、たとえそれがオシャレであっても清潔感を感じられなければ面接にはふさわしくありません。また服に毛玉ができていたりシミやシワなどがあるのもマイナスな印象になるでしょう。
いくらセンスが良くても不潔な印象を与えてしまったり、服の手入れができていないのはNG。面接前には入念に服の状態をチェックしておくことが理想です。

 
 

トレンドやこだわりを感じられるコーディネート

アパレルの仕事をするなら、普通よりもワンランク上のオシャレさを求められます。それはトレンド感のあるファッションや、自分のこだわりを取り入れたコーディネートであることが◎
面接だからといって奇抜すぎたり場違いな格好は控えた方が良いですが、コーディネートのアクセントになる色使いや小物を取り入れたり、トレンドアイテムやブランドの人気商品を使うのも良いでしょう。

 
 

3、アパレルの面接服でNGなアイテムとは

アパレルのNG面接服まとめ◎「私服OK」は「なんでもいい」ではない!
面接を受けるブランドがガーリーなブランドやコンサバ系のブランドだと、カジュアルすぎる服装は避けた方が無難。もしデニムを履くとしても、ダボダボのカジュアルすぎるデニムより、スキニーやストレートなきれいめなデニムの方が良いでしょう。
またスニーカーを面接に履いていくことは基本的にはOKですが、ブランドのテイストによってはカジュアルすぎたりイメージに合わないと判断されることもあるので注意しましょう。

 
 

露出が多い

私服OKなアパレル業界ですが、とはいっても面接の場であるということを忘れてはいけません。かっちりとした服装にする必要はありませんが、極端に肌の露出が多い服装は避けるべき。特に丈の短いスカートは面接で座った時に下着が見えてしまったり、胸元があいた服だとお辞儀をした時に見えてしまう恐れもあります。
オシャレを追求しすぎて面接官を不快な気持ちにさせないよう、着用するアイテムは気を付けて選ぶようにしましょう。

 
 

リクルートスーツ

一般的な企業の面接では問題ありませんが、アパレル面接は私服も含めて合否を判断しているためリクルートスーツはNG。個性やセンスが感じられず、アパレルの面接にはふさわしくないからです。
もしスーツを着用する場合は、リクルート以外のスーツをチョイスするかジャケットを羽織るくらいが良いでしょう。かしこまりすぎないこともアパレル面接のポイントです。

 
 

ロゴや主張の強いアイテム

面接を受けるブランドのロゴなら良いですが、そうではない他社のブランドのロゴやラグジュアリーブランドのロゴが入った服やバッグ、また表情がわからないくらいの大きめのハットやサングラス、ブランドイメージに合わないゴツめのアクセサリーなどは控えておく方が良いでしょう。
あまりに主張が強いアイテムを身に付けているとそこばかりに目がいってしまったり、自己主張が強い人だと思われかねません。個性を伝えることは必要でも、あくまでも面接は自分を表現する場ではなく、そのブランドで働きたいことをアピールする場であることを念頭に置いておきましょう。

 
 

4、まとめ

アパレルのNG面接服まとめ◎「私服OK」は「なんでもいい」ではない!
アパレルの面接は服を取り扱う業種ということもあり、ファッションセンスや服へのこだわりなども採用の判断材料の一つと言えるでしょう。自分らしさやブランドイメージに合った服装を心掛けることが大切ですが、「アパレルの仕事をしたい」という熱意を伝えることも重要です。
その気持ちを面接の受け答えと服装から伝わるよう、事前にしっかりと準備をしてから挑むことが採用につながるポイントと言えるでしょう。

 
 
\登録3分!/