• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

派手なネイルはNG?アパレル面接時の好ましいネイルについて

派手なネイルはNG?アパレル面接時の好ましいネイルについて
 
一般的に面接の際にネイルはふさわしくないとされていますが、アパレル面接ではどうなのでしょうか?ファッションに関する仕事のため、ネイルを禁止しているところは少ないと思いますが、面接時は控えた方がよいのか迷ってしまいますよね。
そんなアパレル面接のネイル事情についてご紹介します。

 
 

 

1、アパレル面接でネイルはOK?

アパレル面接でネイルをしていることを理由に、不採用になることはほぼありません。アパレル業界は服装や身だしなみに関しては自由とされていることが多く、自分の個性やセンスをアピールすることも大切なことといえるでしょう。
ただあくまでも面接という場であることはわきまえなくてはいけないので、シンプルで清潔感のあるネイルを意識しましょう。特にアパレルの販売員の面接なら接客業として不快感を与えないネイルを心がけなくてはいけません。色、デザイン、爪の長さに配慮したネイルであれば、面接時でも問題はないでしょう。

 
 

2、アパレル面接時にネイルは見られている?

 
派手なネイルはNG?アパレル面接時の好ましいネイルについて
 

ファッションの一部としてふさわしいか?

面接時にはネイルもしっかりチェックされていると思っておきましょう。アパレル業界においてネイルはファッションの一部として捉えられているため、服装に合ったネイルをしていることが基本です。特に私服面接の場合、”ネイルと服装のコーディネートはふさわしいか?”という点は必ずチェックされる部分。ネイルだけ悪目立ちしないように、全体のバランスを見て色やデザインを考えるようにしましょう。

 

ブランドイメージに合っているか?

またネイルは面接を受けるブランドのイメージに合っているかどうかも見られています。ブランドのコンセプトや雰囲気に合わないネイルをしていると、ブランドイメージを理解していないと判断され印象が悪くなってしまいます。カジュアル系のブランドなのにキラキラのストーンが付いた派手なネイルでは、誰が見ても合っていないことがわかるように、ブランドの系統に合ったネイルをすることがアパレル面接時におけるマナーともいえるでしょう。

 

爪のケアができているか?

面接では清潔感を見られていることから、ネイルのカラーやデザインよりも、爪の長さやケアが行き届いているかを見られています。あまりに長さのあるネイルだと業務に支障が出てしまうため、短めにカットしておく方が良いでしょう。またネイルをしている場合は、色がはげたり伸ばしっぱなしになっていないかもチェックされる部分です。面接前には必ず確認をしておきたいですね。

 
 

3、アパレル面接時に好ましいネイル

 
派手なネイルはNG?アパレル面接時の好ましいネイルについて
 

ピンクやベージュ系

アパレル面接のネイルに迷ったら、ピンクやベージュの定番カラーを選ぶようにしましょう。派手すぎず地味すぎない、また爪をキレイに見せてくれるカラーでもあります。
装飾はやりすぎなければ問題ありませんが、単色ネイルとして塗るだけでもファッション性は高いので好感を持たれやすいでしょう。

 

服に合わせたカラー

アパレル面接は私服面接を行うブランドも多く、その場合は自分で服をコーディネートしなくてはいけません。ネイルもファッションの一部として服に合ったカラーを選ぶことが大切です。ブランドの方向性に合っていれば、やや派手なカラーやデザイン性のあるネイルでも良いでしょう。

 

迷ったら何もしない、もしくは販売員をチェック

どんなネイルがふさわしいのかわからなければ、無理にネイルをする必要はありません。爪先までケアをして透明のトップコートを塗るだけでも十分です。
もしくは面接を受けるブランドの、販売員のネイルをチェックしてみると参考になるかもしれません。ネイルのバリエーションや使用しても良いカラーなどが把握できるはずです。

 
 

4、まとめ

派手なネイルはNG?アパレル面接時の好ましいネイルについて
アパレル面接のネイル事情についてご紹介しました。アパレル面接では基本的にネイルが禁止とされているところは少ないですが、清潔感とブランドイメージに合ったネイルが望ましいですね。
身だしなみの一つとして爪の先まで気を遣うことが、アパレル面接では求められることといえるでしょう。

 
 

\登録3分!/