• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接では笑顔で答えるのが望ましい?表情の使い方

アパレル面接では笑顔で答えるのが望ましい?表情の使い方
 
アパレル面接では的確な受け答えも大切ですが、表情もチェックされています。特にアパレル業界ではコミュニケーション能力が必要になるので、笑顔で会話をすることは必要不可欠な部分ともいえます。ただ面接時に常にニコニコしていて大丈夫なのか、不安になりますよね。
そんなアパレル面接では”表情の使い分け”をすることが重要です。具体的にどのように使い分けるべきなのか、そのポイントをまとめました。

 
 

 

1、アパレル面接時の笑顔や真剣な顔の表情の使い分け

アパレル面接の時の表情は、話す内容や状況に応じて表情を使い分ける必要があります。では面接時の表情を「笑顔」「真剣な表情」の2つに分けた場合、どのタイミングでそれぞれの表情を切り替えるべきなのでしょうか?

 

笑顔

・入退室の時
・自己紹介をする時
・過去のエピソードや失敗談を話す時
・面接官とフランクに会話する時

 

真剣な表情

・志望動機や自己PRをする時
・面接官の質問や話を聞く時

 
おおまかに分けるとこのように使い分けをすることが望ましいでしょう。まず笑顔で話すのは、第一印象となる入退室や自己紹介をする時。歯を見せて大きく笑うというよりは口角を上げて好印象を持たれるような表情を意識しましょう。面接官と雑談のような話をする時は、緊張感をといた笑顔でやりとりをしても大丈夫です。
一方で真剣な表情で話すのは、志望動機や自己PRなどの熱意を伝える時。笑顔よりも真剣な眼差しで話す方がやる気をアピールすることができます。また面接官の話を聞く時はヘラヘラしていると思われないように、真剣な表情で話を聞くようにしましょう。

 
 

2、アパレル面接時に気を付けたい笑顔のポイント

 
アパレル面接では笑顔で答えるのが望ましい?表情の使い方
 

目で笑う

笑顔はただ口角を上げておけば良いというわけではありません。人に好感を持たれるためには、目で笑うことを意識する必要があります。
まずは自分の笑顔を思い出してみましょう。心の底から笑顔になった時は、目が細くなって目尻も下がりますよね。口元が笑っていても目が笑っていなければ、あまり良い印象を持ってもらえません。特に接客業であるアパレル店員を目指す人ならできるようにしておきたいこと。面接の前には、鏡を見ながら好印象な笑顔ができるかどうかをチェックしておきましょう。

 

口角を均等に上げる

笑顔の基本は口角をしっかり上げて微笑むことですが、ポイントとしては左右の口角を均等に上げることが大切です。どちらかの口角だけ上げてしまうと、どこか偉そうな雰囲気になってしまい、人を見下したような笑顔になってしまいます。
このような笑顔は面接ではふさわしくありません。顔の筋肉を使って完璧なスマイルを作り出せるように練習しておくと安心ですよ。

 
 

3、表情のどんなところが見られている?

 
アパレル面接では笑顔で答えるのが望ましい?表情の使い方
 

状況に応じて表情を使い分けることができているか

面接は話す内容も大切ですが、状況によって臨機応変に表情を使い分けることができているかをチェックされています。表情の使い分けが正しくできることは、その場の空気を読む力があるということにつながります。
コミュニケーション能力が求められるアパレル業界において、この点はとても重要視される部分です。自分の求められていることを瞬時に把握し適切な対応ができることを、表情の使い分けによってアピールしましょう。

 

好感を持てるか

アパレル店員の場合、お客様に好感を持ってもらえる販売員を目指さなくてはいけません。そのため一つ一つの表情は細かくチェックされています。ふとした瞬間に疲れた表情をしたり目つきが悪い表情になってしまうだけで、マイナスな印象を与えてしまいます。これではいくら笑顔でいても評価は下がってしまうでしょう。
気を抜くとつい自分の負の感情が表情に出やすいものですが、アパレル面接では最後まで気を引き締めて挑むようにしましょう。

 
 

4、まとめ

アパレル面接では笑顔で答えるのが望ましい?表情の使い方
アパレル面接の表情の使い分けのポイントをご紹介しました。使い分けと聞くと難しそうなイメージを持ってしまいますが、冷静になって状況をしっかり見定めることができれば、自然と表情を切り替えることができるはずです。
まずは面接対策として、好印象を与えることができる表情の研究をしてみると良いでしょう。

 
 

\登録3分!/