• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

第二新卒歓迎!今からでも遅くないアパレルの求人

第二新卒歓迎!今からでも遅くないアパレルの求人
 
「新卒で入社したけど転職をしたい」と考えている人はけっこう多いもの。頑張って就活をして入社したものの思っていたような働き方ができなかったり、違う業界にチャレンジしてみたくなるなど、その理由は様々あるでしょう。
そんな方にオススメしたい転職先がアパレル業界です。アパレル業界は第二新卒を歓迎する求人がたくさんあることをご存知ですか?未経験でもスタートしやすいアパレル業界への転職についてご紹介します。

 

 

 

1、第二新卒とは?

一般的に第二新卒とは「新卒入社して3年以内に転職をする若者」のことを指します。つまり一度は就職をした経験があることが条件になります。ほかにもよく使われる言葉で既卒というものもありますが、これは学校卒業後に就職をしていない人のことを意味しているので、その違いがあることを知っておきましょう。
厚生労働省によると、新卒入社した人の約3割が3年以内に辞めているというデータがあり、そのため企業側も第二新卒者を積極的に採用する傾向にあるようです。
第二新卒者を採用するメリットととしては、「就職経験はあるため一般的な社会常識やマナーは身に付けている」「仕事への意欲の高さ」「将来性がある」などが挙げられます。新卒者よりも経験や能力の高さを評価され、中途採用者よりも若くて柔軟性があるため、第二新卒のニーズは高いと思って良いでしょう。

 
 

2、アパレル未経験でもキャリアアップできる?

第二新卒歓迎!今からでも遅くないアパレルの求人
 

人柄を重視

第二新卒はそもそも業界経験者を採用するつもりで行なっていません。企業にとって即戦力になる人材というよりかは、最低限のビジネススキルやマナーが備わっていることと、モチベーションの高さや若さゆえのフレッシュさがあることを求めています。なかでもアパレル業界は未経験者が活躍しやすい業種でもあり、また人と関わることが多いため人柄を重視していると言えるでしょう。
アパレル業界に必要とされる人柄は、コミュニケーション能力の高さ、柔軟性、行動力や発信力がある人を求めています。
 
 

前職の経験や強みをアピール

アパレル業界が未経験であっても、前職で学んだことや経験したこと、またアパレルの仕事に活かすことができそうな自分の強みをアピールしましょう。
もし接客業の経験があればアパレルの販売員を目指す時に有利となります。ほかにも営業職や事務職の経験があれば本社勤務することも可能でしょう。また専門学校で服飾の勉強をしていた人ならそれは自分の強みとなるため、デザイナーの道に進むこともできるかもしれません。
社会人としての経験年数は少なくとも、そのなかで自分が得たものや自信があることをアピールすればそれは採用につながる大きな材料となります。さらに具体的な目標や目指したい道を明確にしておくのも、今後のキャリアアップに必要なことと言えるでしょう。

 
 

3、第二新卒にオススメのアパレル転職の時期

<4月>
第二新卒に適している転職の時期はまずは4月。4月は新年度の始まりとして多くの新人が入社したり人事異動によって大きな変化がある時。そのタイミングで入社をすれば新卒者や他の転職者とスタートが同じということになります。また充実した研修を受けられるので、アパレル業界未経験者でも安心して働けるメリットもあるでしょう。
 
<7〜10月>
この時期は転職活動が盛んになる時期とも言われているため、ライバルが増えるもののその分求人数も多いことが特徴です。そのため希望する企業の求人に出会える確率も高くなるでしょう。
企業側としては、上半期の売上によって人員体制を整えたり、ボーナスを受け取った後に退職者が増える時期と重なるため、採用を強化するという側面もあるようです。
 
<1〜3月>
4月の入社に向けて第二新卒の求人募集を行う企業が多いのが1〜3月。冬のボーナスを受け取った後の退職者の欠員募集、また年度末の決算や人事異動などが行われるこの時期に、新たに人材を確保する目的で求人募集が盛んになると言われています。転職者としても区切りを付けやすいこのタイミングに転職活動を行うと良いでしょう。

 
 

4、第二新卒にオススメのアパレルのお仕事

第二新卒歓迎!今からでも遅くないアパレルの求人
 

販売職

未経験でも挑戦しやすいのが販売職。アパレルの販売員は特に経験がなくても研修を受けたり実際に働きながら学ぶことができるため、第二新卒の人にもオススメのお仕事と言えるでしょう。
仕事内容は接客が主な業務で、そのほかにはディスプレイやバックヤードで行う検品や品出しといった裏方の作業もあります。
飲食店での接客経験や何かしらの販売経験があれば、アパレルの販売職にも大きく役立つことでしょう。
 
 

営業職

前職での営業経験を活かして、アパレルの営業職を目指すのはいかがでしょうか。業界は違えど、営業の基本やノウハウなどは共通していることが多いため、培った経験や学んだことをアピールすると採用につながりやすくなります。
アパレルの営業職は百貨店やショッピングモールなどに営業をかけたり、自社の商品やブランドの知名度を上げる役割をもちます。もし営業経験がなくても、コミュニケーション能力の高さがあれば活躍することができるでしょう。
 
 

MD(マーチャンダイザー)

MDは市場調査や分析、商品企画や販売計画、予算管理などを行う職種です。商品の売上や動向などを常にチェックして冷静な判断をすることが求められるため、分析力や客観的に物事を見ることができる人に向いている仕事と言えるでしょう。
前職での経験や、学生時代に経営学や経済学を学んだ経験があると採用に有利になるかもしれません。
 
 

プレス

アパレルの人気職種でもあるプレスは、自社のブランドをPRする広報の役割をもちます。メディアや雑誌の対応、展示会の準備を行うなど、自身が表に立って宣伝活動をすることが求められます。
人前に立って話すことが好きな人や臨機応変な対応ができる人はプレスの仕事に適しています。また電話応対や事務処理なども行うため、社会人としてのマナーやPCスキルがあるとより◎
 

 
 

5、まとめ

第二新卒歓迎!今からでも遅くないアパレルの求人
 
人材不足とも言われているアパレル業界は、第二新卒の求人が多くキャリアアップも見込める業界と言えるでしょう。「就職したのにすぐ辞めた」と思われないようにするためには、前向きな退職理由や明確なキャリアプランを持っていることが重要です。
ポテンシャルの高さやアパレル業界でやってみたいことをアピールし、新たなステージで再び自分のスキルを磨いてみてはいかがでしょうか?