• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル事務の1つ「物流管理」ってどんなお仕事?仕事内容や向いている人を徹底解説

アパレル事務の1つ「物流管理」ってどんなお仕事?仕事内容や向いている人を徹底解説
 
アパレルの仕事といえば、お客様に服を販売するショップ店員や、バイヤーやプレスといった華やかなイメージを持つ人も多いでしょう。ですがアパレルには裏方で支える「物流管理」という仕事があることをご存知ですか?スポットライトがあたるような表立った存在ではありませんが、アパレルの仕事には欠かせない重要なお仕事なのです。
そんな物流管理の仕事内容やどんな人に向いているかをまとめました。

 

 
 

 

1、物流管理の仕事内容は?

仕分け作業

まず物流管理の仕事場所は、主に物流倉庫へ勤務をすることになります。また本社と倉庫を行き来しながら物流に関するすべての業務を担当することもあるため、物流管理の仕事量は多いでしょう。
まず物流管理が行う仕事は、仕分け作業と呼ばれるものがあります。工場から納品された商品や店頭から引き下げられた商品など、物流管理には多くの商品が納品されます。それらを的確に仕分けを行い、「どこに何が保管されているか?」がすぐに分かるよう分類を行います。

 

検品、検針

納品された商品の種類や数量に間違いがないかのチェックや、商品となる服にほつれや汚れなどがないかを確認したり、また針などの危険物が混入していないかを入念に調べる必要があります。
これらの検品・検針作業は地味な作業に思えますが、入念に行わないと後からトラブルが発生したりお客様からのクレームを受けてしまうことになります。ミスを防ぐために出荷時と入荷時にダブルチェックを行なったり検針器を用いている企業が多いようですが、人の目でも慎重に作業を進めなくてはいけないことといえるでしょう。

 

ピッキング

物流倉庫内から商品を探し出すことをピッキングと呼びます。ただ大きな倉庫の場合、莫大な数の中から探し出すのはとて大変な作業。商品を取り違えたり発送先を間違えるとクレームにつながるため、伝票や指示書を入念に確認しながら作業することがミスを防ぐコツです。
ピッキングは倉庫内を歩き回るため体力も必要ですが、最近はバーコードを読み取るデジタルピッキングを導入していたり、ベルトコンベアで流れてきたボックスに商品をピックアップする方式もあり、効率の良いやり方を取り入れている企業が多いものの、スピーディーかつ正確に作業を進めることは物流管理の仕事の基本といえるでしょう。

 

出荷作業

ピッキングした商品を出荷するために、袋詰めをしたり梱包を行います。大切な商品は丁寧に取り扱う必要があるので、シワができたり型崩れがないように注意しなくてはいけません。もしデリケートな素材や壊れやすいものを出荷する時は、二重に梱包したりクッション材を多めに詰めるなど工夫をする必要があります。

 
 

2、求められるスキルや能力って?

アパレル事務の1つ「物流管理」ってどんなお仕事?仕事内容や向いている人を徹底解説

 

リーダーシップ力

物流管理の仕事はテキパキと仕事をこなすことが求められます。また仕事量も多く仲間と協力して業務を進めていかないと、それが大きなミスを引き起こすことにもなるでしょう。
そのような仕事の性質上、リーダーシップをとって指示を出したり役割分担を明確にして仕事を割り振るスキルが必要です。冷静な判断力と物事を客観的にみることができる能力や、人を動かす力が求められるでしょう。

 

臨機応変さ

なにかと対応力が必要となる物流管理の仕事は、臨機応変さが求められるでしょう。「急遽明日までにこの商品をピッキングして、◯◯店に発送してほしい」や「本社指示でこのリストの商品を店頭から引き下げることになった」など物流倉庫では急な仕事の依頼や店舗から大量の商品が納品されるなど、たくさんの仕事が舞い込んでくることも。
そのような場合でも臨機応変に対応することができると、サクサクと仕事をこなすことができるでしょう。

 

コミュニケーション能力

一見物流管理の仕事はもくもくと一人で作業を進めれば良いと思いがちですが、コミュニケーション能力も必要です。大きな倉庫で仕事をするため、一緒に働く仲間と連携をはかったりチームワークが良くないと業務に支障をきたしてしまいます。
裏方の仕事とはいえど、コミュニケーションや協力し合う気持ちを大切にしなくてはいけません。

 
 

3、どんな人が向いている?

アパレル事務の1つ「物流管理」ってどんなお仕事?仕事内容や向いている人を徹底解説
 

コツコツと作業を進められる人

物流管理の仕事内容はご紹介した通り、検品やピッキングなど地道にこなす業務が中心となります。そのためコツコツと一つの作業を集中して行える人や、単純作業を苦に感じない人に向いているでしょう。

 

丁寧で几帳面な人

物流管理はスピーディーに仕事を進めなくてはいけないので、商品の取り扱いが雑になりがちですが、大切な商品のため丁寧に取り扱うことが大前提。ピッキングの時に商品に傷付けてしまったり検品を適当に行なった結果、お客様に迷惑をかけてしまうことになれば、それはトラブルへと発展してしまいます。どれだけ忙しくても商品は一つ一つ丁寧に扱わなくてはいけません。
几帳面な性格の人や丁寧に物を扱える人は、物流管理の仕事に大きく役立てるでしょう。

 

体力に自信のある人

倉庫内を動き回ったり重いダンボールを持ち上げたりなど、体力が必要な物流管理の仕事。アパレルは服やファッション小物なのでそこまで重量感はないように思えますが、それも数が多くなればけっこうな重さに。冬物の厚手のニットやコートであれば、運ぶだけで苦戦してしまうでしょう。
ですが言いかえれば体力に自信がある人は楽しく仕事ができるため、パソコンとにらめっこをしているデスクワークが苦手な人や、程よく体を動かしたい人に向いているのではないでしょうか。

 
 

4、まとめ

アパレル事務の1つ「物流管理」ってどんなお仕事?仕事内容や向いている人を徹底解説
アパレルに興味はあっても、事務職に抵抗があったり、かといってショップ店員のように接客が苦手と感じる人は多いと思います。そんな方はオシャレでかわいい服に囲まれて働く物流管理の仕事がオススメです。
正社員なら倉庫内のリーダーとして指示を出したり本社との架け橋としての業務を行うこともあるようです。またアルバイトやパートなら空いた時間にピッキング作業をしたり、物流倉庫の業務に携わることもできます。
華やかなアパレルの裏方のお仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 
 

\登録3分!/