• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員がやるのは当たり前?インスタグラムの使い方

アパレル店員がやるのは当たり前?インスタグラムの使い方
 
今やインスタグラムはライフスタイルの一部と化しているくらい、馴染みのある存在となってきました。個人がプライベートで使用するのはもちろん、インスタグラムを使ったマーケティングを展開している企業も増えてきていますよね。
なかでもアパレル業界では欠かせないツールになっていて、カリスマ性のあるアパレル店員によるインスタグラムを活用した集客効果は大きな影響をもたらしています。
そんなアパレル店員がインスタグラムをやる際の、注意点やメリットやデメリットをご紹介します。

 

 

1、インスタグラムをする理由

集客アップ、販売促進の一環

そもそもインスタグラムをする理由は、多くの人に見てもらうことでブランドの知名度が高まります。そうすることで集客アップや販売促進につながるため、多くの企業で取り入れられているのです。
具体的にインスタグラムを行う目的としては、新商品のお知らせ、コーディネート紹介、キャンペーンやセールの案内などが挙げられます。
これらはブランドの公式として投稿をしたり店舗ごとに任せて投稿をする場合の内容ですが、アパレル店員が個人のアカウントで投稿をする場合もあります。

 
 

2、投稿をするときに気を付けていること

アパレル店員がやるのは当たり前?インスタグラムの使い方
 

写真の撮り方

インスタグラムはほかのSNSよりも、写真をメインとしたツールです。”インスタ映え”という言葉が流行っているくらい、オシャレで注目される写真を投稿することが重要なポイントと言えるでしょう。
そのためアパレル店員がインスタグラムに写真を投稿する時には、いかにセンスの良い写真を撮るかが決め手となります。服のコーディネート以外に、ポージングや小物の使い方、また背景や構図にもこだわって写真を撮る必要があるでしょう。
商品を撮影する場合は、全ての色展開がわかるように並べて撮ったり、影にならないように配慮して撮ることも求められます。置いて撮るか、ハンガーにかけて撮るかでも印象が変わってくるので、最適な魅せ方を写真を通して伝えなくてはいけません。

 

ハッシュタグを付ける

インスタグラムを使ったことがある人ならわかると思いますが、ハッシュタグを付けることで、より限定した情報を知り得ることができます。アパレル店員が投稿する場合、ハッシュタグで付けると効果的なワードは、「ブランド名(英語・カタカナ)」「店舗名」「アイテム名」「投稿に関連すること」などは最低限忘れずに付けるようにしましょう。

 

SNSマナーを守る

よくSNSでは”炎上”や不適切な投稿が問題になっていますよね。ごく普通の感覚であればそのような事態を招くことは起きませんが、ちょっとした不注意や感情的になってしまうと、あっという間に大問題へと発展するリスクがあります。ましてやそれが店のアカウントであれば、集客にも影響を及ぼしてしまいますよね。
そうならないためにも、間違った情報や非常識な投稿は避けるよう、投稿者だけではなくほかのスタッフにも確認してもらうなど、何重かのチェックをしてから投稿すると良いでしょう。

 
 

3、インスタグラムのメリット・デメリット

<メリット>
アパレル店員がやるのは当たり前?インスタグラムの使い方
 

売上や集客が上がる

インスタグラムをやることで多くの人に投稿を見てもらえるため、売上や集客が上がる効果が期待できます。実際に「インスタに投稿されていた服をください」といったお客様も増えてきているのではないでしょうか?
アカウントさえあれば誰でも見ることができるため、顧客以外にも宣伝することができます。ブランドを認知していなかった人も、インスタグラムがきっかけで好きになることもあるので、売上や集客を上げるためには欠かせないツールと言えるでしょう。

 

最新の情報を届けることができる

ほかのSNSやブログよりも、簡単に投稿ができるのがインスタグラムの魅力。文章よりも写真に特化したツールなので投稿する手間もかかりません。そのためその日に入荷した新商品の情報や、リアルタイムな状況をすぐに届けることができるのもメリットの一つではないでしょうか。
またインスタグラムにはストーリーズという24時間限定の投稿ができる機能もついており、よりフレッシュな情報を伝えるために活用することもできます。

 

自分のファンができる

アパレル店員が顔を出してコーディネート写真を投稿すれば、そのファッションセンスや見た目に好感を持ってくれる人も多くいます。「この店員さんオシャレでかわいい!」と評判がたてばたちまちファンができることもあるでしょう。そうすればその店員さん目当てにお店に足を運んでくれたり、リピーターとして何度も服を買いに来てくれるといったうれしい効果も。
個人で投稿をする場合は、インフルエンサーとして活躍できたり注目度が上がればメディアに登場する話も舞い込んでくるかもしれません。インスタグラムを通じて様々な可能性を期待できるのもおもしろい点ですよね。

 
 
<デメリット>
アパレル店員がやるのは当たり前?インスタグラムの使い方
 

マメに更新する必要がある

インスタグラムは頻繁に投稿していれば、フォロワーの目に留まる回数も多くなるということ。なので最低でも1日に1回は更新するようにしましょう。そのためもしマメじゃない人にとってはちょっと面倒な作業に感じてしまうかもしれません。
ですがインスタグラムの利用者はブログのようにじっくり読むというニュアンスではなく、写真を見て内容を簡単にチェックしたい人が多いので、長々と書き綴る必要はありません。ポイントだけおさえた内容で、ハッシュタグはコピペしておけば2〜3分で投稿することが可能です。

 

炎上やクレームの元になることも

SNSの注意点はどんなささいなことがきっかけで炎上してしまったり、クレームの原因になるかわからないことです。いくら気を付けていても、見る人によっては不快感を感じたり適切ではない投稿をしてしまう可能性は誰にでもあるということ。
だからといって怖がる必要はありませんが、不特定多数の人が見ることができるインスタグラムはそのようなリスクがあることを覚えておきましょう。また個人情報の特定につながる内容は避けるように注意してください。
便利なツールですが、使い方を間違えると危険な一面があるので、責任を持って活用するようにしましょう。

 
 

4、まとめ

アパレル店員がやるのは当たり前?インスタグラムの使い方
アパレル店員のセンスの良さを活かして、自社の商品をアピールしたりトレンドを発信することができるインスタグラムは、まさに最適なツールです。
集客目的や販促活動に欠かせない存在となっているインスタグラムは、一人一人が自覚や責任を持って行うことを徹底しながら、正しく活用することが大切ですね。

 
 

\登録3分!/