• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

顧客様を増やすために店頭やSNSで工夫してることって?Odette e Odile販売員 小澤結花さんにインタビュー♥



1907picture_01_2
GIRLSWOMAN7月のTOPを飾ったのはOdette e Odile(オデット エ オディール)の小澤結花さん。
ブランドがもっと多くの方に愛されるよう、店頭やSNSで魅力を発信しているそうです。
そんな小澤さんに販売員のお仕事についてインタビューしました。



―PROFILE―
小澤結花
1994年10月20日生まれ
販売員歴:2016年8月~



Q 販売員になろうと思ったキッカケはなんですか?
弊社のブランドであるBEAUTY&YOUTHのスタッフの方が良くしてくださっていたので、学生の頃から通っていました。
就職活動をするタイミングで、「自分がなりたいのはどんな大人だろう」と考えた時に、
そのスタッフさんが浮かんだので、「ユナイテッドアローズに就職するしかない!」と思ったのがキッカケです。




1907picture_03


Q 数あるブランドからOdette e Odileを選んだ理由を教えてください。また、Odette e Odileならではの魅力を教えてください。
新卒入社だったため配属は辞令によって決まりましたが、今となってはOdette e Odileの配属になって本当によかったと思っています。
スタッフは店頭に立つ際Odette e Odileのシューズを履いていますが、みんな個性的で、なんといってもオシャレな方が多いです。
そんな方たちが同じブランドのシューズを履いているというのは、どんなスタイリングにも合うシューズのラインナップが揃っているということで
とても魅力的なことだと思っています!



Q Odette e Odileでお仕事をしていてよかた!他のブランドでは体験できない!と思う瞬間はどんな時ですか?
Odette e Odileはシューズブランドですが、ユナイテッドアローズの一ブランドという前提があります。
そのためか、お客様から私たちが着ている服にまでお褒めの言葉をいただく機会が本当に多いです。
スタイリングに気を抜けないですが、毎日オシャレしてお仕事でできるのが本当に楽しいです!
これは他のシューズブランドではなかなか味わえない楽しさだと思っています。




1907picture_05


Q 接客をする際に気を付けていることや工夫していることを教えてください。
私自身がもともと接客を受けることが苦手だったので、お客様が苦手意識を持たないよう、
ほっこりするような雰囲気づくりを心掛けています。
商品の説明に入る前に、なんてことない世間話をしてみたり、お客様の持ち物やお洋服から話を広げてみたりすることで、
友達と買い物に来たような感覚になっていただけたら…と思っています。
また、嘘をつかないことも心掛けています。お客様にお似合いになるものをオススメするのはもちろんですが、
そうでないものは無理にオススメしません。お客様に信頼して頂ける存在になりたいです。



Q お仕事を続けていられるモチベーションを教えてください。

お客さまからの「ありがとう」のお言葉や、お買い物以外で店舗に立ち寄ってくれる顧客様とのお話の時間です。
「ありがとう」は、口に出そうと思わないとなかなか出てこない言葉だと思います。
それを私に向けて伝えようと思ってくださったことをとても嬉しく思いますし、その一言のパワーは絶大だと感じています。
また、お買い物の予定ではなく立ち寄ってくださる顧客様と世間話をしたり、前回お聞きした話の続きを聞けたりすることがとても楽しいです。
私の知らないことを教えてくださる方も多いのでとても刺激になりますし、またお会いしたいので、もっと頑張ろう!と思います。




1907picture_07_2


Q ご自身のファンや顧客様を増やすために意識していることや、お客様と仲良くなるコツはなんですか?
私自身がお客様に対して嘘をつかず、なんでもお答えする、お話することです。
自分が靴を選ぶ時に気を付けていることをお伝えしたり、スタイリングで気を付けていることをお話したりすることはもちろんですが、
プライベートなこともたくさんお話するようにしています。
最近観た映画のこと、行ってみたスポット、好きなバンドのことなど・・・興味があるジャンルが幅広いので、話題がたくさんあります。
自分の話がキッカケでお客様から新しい情報を得られたり、盛り上がったりすることで、自然と距離を縮めることができているのかもしれません。



Q 店頭で着用するスタイリングについて、参考にしていることやこだわっていることはありますか?
いつも靴が映えるスタイリングを意識しています。
シンプルなデザインや落ち着いた色の服が好きなので、そこにOdette e Odileの靴を合わせることでどれだけ見違えるかを
お客さまにも見ていただけるように意識しています。
「この合わせ方なら手持ちの服で真似できそう!」と思って頂けたら一番嬉しいです。
時々イメージチェンジも兼ねて普段着ないような服を着て店頭に立つこともありますが、
そんな普段とは別のスタイリングもお客様に見て頂く事で、ファッションにおける挑戦することの楽しさも発信していきたいと思っています。



1907picture_09


Q 靴の専門知識や試着の際のアドバイスは研修などで学ぶ機会があるのでしょうか?
新卒入社前の研修で、基本的なフィッティングや靴の作り方について学ぶ機会がありました。
また、シューズのケア方法に関しては、Odette e Odileで取り扱っているケア用品専門のブランドの講習会に必ず参加します。
基本を覚えた後は、店頭でお客様とお話をしながら応用していきます。
私自身靴の履き心地にこだわりがあるので、中敷き調整をする時も、お客様に合わせて微調整を行います。
そのような経験における学びや気づきはお店のスタッフで共有し合っているので、新しい接客の引き出しにしています。



Q 将来の夢や挑戦したいことを教えてください。また、そのために努力していることはありますか?
Odette e Odileがもっと多くの方から愛されるよう、ブランドの魅力を発信していく広報やPRの仕事をしてみたいと思っています!
まずは店頭で、自分とお店のファンを増やすことに尽力しています。
お店の顧客管理の担当として、顧客様を増やすための接客を工夫したり、それをメンバーで共有して取り組んだりしています。
最近始めた取り組みとしては、WEARでブランド公認スタッフとしてのスタイリングの投稿です。
なかなか軌道に乗らず、発信することの難しさを実感していますが、それも伸びしろだと思って続けていきたいです。



1907picture_11


Q どんな人がOdette e Odileの販売員に向いていると思いますか?
色々なことに挑戦してみたい!というポジティブな気持ちを持っている人が向いていると思います。
ユナイテッドアローズの中でも少ない人数で店舗を運営しているブランドなので、
店舗における様々な仕事を任せてもらえる環境です。
私の場合は接客ですが、様々な仕事の中で自分の得意なことを見つけていくことができるので、
とにかく挑戦してみよう!という気持ちがある人はOdette e Odileでのお仕事を楽しめると思います。
ブランドのスタッフ全員がお互いの活躍を応援し合えるとても幸せな環境だと思っています。



1907picture_13



専門知識を伴った丁寧な接客と、商品に合わせた真似しやすいスタイリング提案でお客様の心をつかんでいる小澤さん。
最近はSNSでのPRにも力を入れているそうです。
これから小澤さんが発信するOdette e Odileの世界観に大注目です。



小澤さんと同じOdette e Odileで働きたい!と思った方はGIRLSWOMANで求人情報をCHECK!
Odette e Odileのお仕事はこちらからCHECK♡



Odette e Odileを運営する株式会社ユナイテッドアローズでは他ブランドの求人も掲載中です。
株式会社ユナイテッドアローズのお仕事はこちらからCHECK♡