• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

販売経験者のキャリアアップ!スーパーバイザーのお仕事って?

販売経験者のキャリアアップ!スーパーバイザーのお仕事って?
 
スーパーバイザー(SV)という言葉は聞いたことがあると思いますが、実際どのような仕事をするのでしょうか?一般的にはアパレルの販売員を経験した人がキャリアアップとして狙うポジションで、高いリーダーシップ力が必要となる仕事でもあります。
そんなスーパーバイザーの仕事内容や向いている人をご紹介します。

 

 
 

 

1、スーパーバイザーのお仕事内容

店舗運営に関するリーダー的存在

アパレルのスーパーバイザーの仕事は、主に店舗運営に関してアドバイスやサポートをする役割があります。店長よりも上の立場になりまた複数の店舗を受け持つので、担当するエリアのリーダー的存在と言えるでしょう。なかには店長とスーパーバイザーを兼任するところもあるので、より柔軟に働くことが求められます。
 
具体的な仕事内容としては、
 
・売上や在庫の管理
・販売戦略を練る
・競合他社との比較や分析
・デベロッパーとの打ち合わせ
・レイアウトやディスプレイの指示
・スタッフ育成
・本社への報告/本社からの指示を伝える
・担当する店舗の巡回
 
が主な仕事となります。スーパーバイザーは店舗の売上管理や予算達成のための改善策を打ち出したり、効果的な販売戦略を計画したりスタッフ育成なども行います。店長と相談し合いながら様々なアプローチを考え、店舗の売上を上げるための方法を冷静かつ的確に指示することが求められるでしょう。
またスーパーバイザーは本社と現場のパイプ役という存在でもあるため、店舗の現状を本社へ報告したり、反対に本社からの指示を店長や販売員に伝える役目もあります。

 
 

2、スーパーバイザーになるために

販売経験者のキャリアアップ!スーパーバイザーのお仕事って?
ではスーパーバイザーにはどうしたらなれるのでしょうか?まず一つ目は販売員からのキャリアアップを目指す方法です。スーパーバイザーはアパレルの販売員の経験がある人が多く、その経験を活かして働くことができます。キャリアアップ例としては、販売員として数年勤務した後に店長へと昇格し、その次にスーパーバイザーとしていくつもの店舗を任される立場になることができるでしょう。もしくは店長として接客や自店の店舗運営を行いながら、スーパーバイザーとして活躍するパターンもあるようです。
もう一つはスーパーバイザーの求人を探して転職をする方法があります。転職する場合もアパレル経験者や販売員として何年か勤務経験がある人を採用する傾向にありますが、自身が身に付けたスキルや活かせる経験をアピールすれば、スーパーバイザーを目指すことができるでしょう。

 
 

3、スーパーバイザーに向いている人

販売経験者のキャリアアップ!スーパーバイザーのお仕事って?
 

人とのコミュニケーションが得意

スーパーバイザーは複数の店舗を巡回して店長や販売員の相談に乗ったり、本社とのやりとりを行うなど、たくさんの人と関わる機会が多い仕事です。そのためコミュニケーション能力の高い人が、スーパーバイザーには向いています。
またただ誰とでも話すことができるというだけでなく、聞き役にまわったり時にはアドバイスや的確な指示を出すことも必要となります。そのため友達からよく頼られたり相談を持ちかけられるタイプの人は、スーパーバイザーに適しているかもしれませんね。

 

リーダーシップがある

スーパーバイザーはエリアマネージャーと呼ばれることもあり、その地域を統括するリーダーとして力を発揮しなくてはいけません。そのため常に受け身の姿勢でいるようでは、スーパーバイザーは務まらないので、リーダーシップが必要となるでしょう。
自分の価値観や感情で指示を出すのではなく、冷静な判断をして店長や販売員に指示を出すことが求められます。物事に率先して取り組むことができたり、自分の意見を人に伝えることが得意な人はスーパーバイザーとして活躍できるのではないでしょうか。

 

分析が好き

売上や商品の動向などを常に把握して細かく分析をすることが必要となるスーパーバイザーになるためには、日頃からあらゆることに対して「なぜ?」「どうすれば良いのか?」などの疑問を持つことが大切です。
そのため日常でも分析することが好きだったり習慣付いている人には、やりがいや楽しみを見出しながら働くことができるでしょう。

 

フットワークが軽い

スーパーバイザーは販売員のように1日中店で接客を行なっているわけではなく、担当するエリアの店舗を巡回したり、地方であれば本社がある東京へ出張することもあるでしょう。そのように様々な場所に行って仕事をすることが求められるスーパーバイザーには、フットワークの軽さが必要です。思いついたらすぐに行動に移せるようなフットワークが軽い人は、スーパーバイザーとして様々な経験を身に付けることができるでしょう。

 
 

4、まとめ

販売経験者のキャリアアップ!スーパーバイザーのお仕事って?
販売員からいずれはキャリアアップしたいと考えるなら、みんなのリーダー的存在であるスーパーバイザーを目指してみてはいかがでしょうか?
冷静に物事を分析したり的確な指示を出して店舗の売り上げアップを目標とするスーパーバイザーには、プレッシャーを感じることもあるかもしれませんが、きっとやりがいのある仕事と言えるでしょう。

 
 

\登録3分!/