編集部がおすすめするアパレル・ファッション正社員スタート特集

正社員でStart!特集正社員でStart!特集



アパレル業界の正社員とは


1、 正社員とは?

一般的な雇用形態として、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートがあります。雇用形態により、労働条件や雇用元が異なるなどの違いがあります。正社員は、勤務している企業と直接雇用契約を結ぶ「直接雇用」であり、「正規雇用」と呼ばれるケースもあります。正社員の定義としては、労働契約に期間の定めがなく、フルタイム勤務である社員のことを指します。


2、正社員になるには?

アパレル店員として正社員になるには、いくつかのパターンがあり、大きく分けると、新卒でアパレル企業に就職するか、中途で入社するかの2つがあります。新卒入社の場合は、学校在学中に就職活動を経て入社。中途入社の場合は、求人サイトなどで転職活動を行い、企業からは社会人経験を有しているものとして迎えられます。中途入社のケースとしてアパレル業界に多くあるのが、アルバイトや契約社員で経験を積んだ後、その企業の正社員として雇用形態を変えて雇用されるパターンです。まずはアルバイトからスタートし、その後に正社員としてステップアップをしていきたい方は「社員登用あり」と書いてある求人をチェックするといいでしょう。
正社員として中途入社したい方は、未経験からでも募集しているアパレル企業が多数あるので、自分の条件にあった「正社員求人」を見つけましょう。1つの企業に応募を絞らず、複数の企業に応募することも可能です。いろんな企業の面接を経験し本当に就職したいアパレル企業を見つけることも大切です。


3、 正社員の仕事内容

アパレル店員の仕事内容は、店頭での接客・販売はもちろん、在庫チェックや発注、商品レイアウト、店内清掃などの付帯業務があります。
正社員として業務は、この他に店舗のスタッフをまとめる役目や売上などの店舗目標を達成するための施策を考えるなど、その企業の社員としての業務も付いてきます。一見、辛くて大変そうに思えますが、自分の働いているブランドや店舗が自分の頑張りにより発展していく喜びは、正社員だからこそ経験ができるやりがいの一つです。


4、 正社員のキャリアアップについて

一般的には、店舗スタッフを経験しチーフや副店長になり店長へという流れが多いです。店長から先は、エリアマネージャーや本社勤務など店舗から離れたポジションに就く場合もあります。早いペースで昇進する人もいれば、企業により年数がかかる場合もあります。接客を続けたいという人は、ずっと店長を続けている場合もあります。中には、経験と実績を積むことで実力が認められ、ブランドを立ち上げるなど独立という道もあります。アパレル店員は、将来の可能性を広げることができ、キャリアアップの道も様々あります。正社員として働くことにより、アルバイトでは経験できない業務や出会いがあるため、将来の目標やキャリアアップを目指す人は、正社員からスタートする方がいいでしょう。


5、 正社員として働くメリット

アパレル店員の最大のメリットといえば、「社割で洋服が買える」ということが浮かびがちですが、その他にもメリットはたくさんあります。特に、お客様との出会いは、普段の生活では出会えない人や世界と出会うことができ、様々な方とのコミュニケーションを経験することができます。洋服を買いに来るお客様には、購入する目的やストーリーがあり、そのお手伝いをできることは、アパレル店員ならではの経験といえます。また、時にはコーディネートを親身に考える間柄に発展し顧客に繋がることもあります。自分のセンスを認められたり、相談されたりなど、お客様から頼られることは、アパレル店員として働く楽しさの一つです。また、正社員としてのメリットは、こうした働く楽しさをアルバイトや後輩スタッフに教え、店舗の顧客をみんなで増やし店の雰囲気作りや売上に貢献できることです。さらに、その取り組む姿勢が上司に認められキャリアアップに繋がることもあり、ステップアップの環境が整っていることが正社員ならではのメリットです。


6、 正社員に求められること

アパレル店員は未経験からスタートする人も多く、「ファッションが好き」という気持ちがあれば、誰でも始めやすいお仕事です。アパレル店員に求められることは、ファッション感度が高く、新しい物・事を取り入れることが求められます。そのため、受け身ではなく、自ら率先して行動できる人が向いています。お客様に似合う服を探したり、お客様が迷っている時はアドバイスをしたりすることもあるので、相手の立場で物事を考えられることは重要です。また、正社員には、自分の働いているブランドや店舗の発展、または、売り上げ目標の達成などが求められる場合もあります。これらをクリアするためには、同じ店舗で働くスタッフのモチベーション管理や接客のスキル向上など様々な成長が必要となります。