• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

主婦や子持ちのママも活躍できる、アパレルのアルバイト・パートの働き方!採用されるポイントとは?

アパレル店の閑散期とは?ノルマ事情や売り上げを落とさない工夫など教えます!
 

アパレルで働きたいと思っていてもアルバイトやパートのような勤務スタイルでは採用されないのでは?と不安に思っている人も多いと思います。ましてや子供がいたら働けないと思いがちですが、実は主婦や子持ちのママでも積極的に採用をしているアパレルも存在します。


 

 

1、主婦やママでもアパレルのアルバイト・パートで働ける?

女性が活躍できる職種

アパレルと聞くと、土日出勤が必須、シフト制で8時間労働が基本といったイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。そうすると主婦やママのような家事や子育てをしながら仕事をしたい人にとっては、働くことが難しそうな気がしてしまいますよね。
でも実際は「主婦歓迎」「週3日〜、1日4時間〜OK」といった求人も多く存在します。雇用形態もアルバイトやパートとして採用してくれる企業もあり、環境が変化しやすい女性が活躍しやすい職種とも言えるのです。
主婦・ママ歓迎のアパレル求人
週3~、1日4h以内OKのアパレル求人
 

子供服、ベビー服、主婦向けは特に◎

アパレルと言ってもジャンルやブランドコンセプトは様々。なかでも主婦やママが活躍しやすいのは、子供服やベビー服を取り扱うブランド、主婦がターゲットのブランドなどは自分の経験を元に仕事にも活かしやすいと言えるでしょう。
主婦ならではの目線や子育て中だからこそ共感できることは、同じ立場のお客様からの信頼を得ることにつながります。そのメリットを活かして接客をしましょう。
子供服を扱うブランドのアパレル求人

 
 

2、未経験・復帰の方も大歓迎のアパレルのアルバイト・パート、そのお仕事内容は?

閑散期と普段とでは仕事の忙しさは変わりましたか?"
 

販売スタッフ

アパレル未経験の人でも販売スタッフとして働くことは可能です。販売スタッフのやることは、接客、販売、レジ、在庫管理、品出しなどが主な仕事内容。未経験の場合は裏方の作業からスタートして雰囲気や仕事の流れを覚えていきます。先輩スタッフの接客を見て、明るく丁寧な対応をすることが求められます。
アパレル経験者の場合は、ある程度業務については把握していると見なされます。ブランクがあることを不安に感じる人も、接客をしていく中で以前の感覚を取り戻していけばすぐに即戦力となることができるでしょう。
未経験OK・主婦ママ歓迎のアパレル販売求人

 

バックヤードスタッフ

販売スタッフの他にバックヤードスタッフという選択肢もあります。主にバックヤードの在庫管理や検品、ストック整理や品出しなどを行う業務のため、接客をすることはありません。勤務する時間帯も開店前の早朝や夕方までが多く、家事や育児との両立がしやすいこともメリットと言えるでしょう。
接客が未経験でもアパレルに携わりたい人なんかにも適しています。
主婦ママ歓迎のアパレル商品管理の求人

 
 

3、主婦ママOKのアルバイト・パート求人、どんな条件で働ける?

閑散期は普段より休みは取りやすくなりましたか?"
 

早番

主婦にとっては朝からお昼過ぎまでが働きやすい時間帯と言えます。そうなるとシフト制の多いアパレルでは早番を希望する必要があります。そのことは面接の段階で伝え、前もって自分の条件を明確にしておきましょう。
午前中のみOK 主婦ママ歓迎のアパレル求人
 

扶養内

主婦が働く時にまず気がかりなのが収入に関すること。たくさんシフトに入って働きたいと思っていても、夫の扶養の範囲内でシフトを入れなくてはいけません。もし扶養内を超えてしまうと、社会保険を自分で支払わなくてはいけなくなったりと、パート勤務の条件では厳しい一面も。
そのことを回避するためには、扶養内の勤務がOKの求人を探すようにしましょう。扶養内で収まるようなシフトの組み方や勤務時間を考慮してくれます。

 
 

4、主婦ママのアパレルアルバイト・パートで働く上で気を付けたいこと

閑散期と普段とではノルマは変わりましたか?
 

急な早退や休み

子供が小さなうちは病気にかかりやすく、休まなくてはいけないこともしばしば。また園で発熱など体調不良になるとお迎えに行かなくてはいけなくなります。
そのような時は急に休んだり早退をしなくてはいけなくなるため、ある程度の融通を聞いてもらえるかを確認しておく必要があります。特にアパレルはシフト制で少ない人数で回していることも多いので、その辺りは気を付けなくてはいけないことと言えるでしょう。

 

勤務地

子供を幼稚園や保育園に通わせながら働くのであれば、勤務地も重要です。自宅や園から真逆の場所だったり、通勤だけで時間を費やしてしまうような場所はNG。
できる限り無駄のないルートで、比較的通いやすい場所であるかをチェックしておきましょう。勤務地が遠かったり不便だと働く上でのストレスとなりかねないので、仕事と家事や育児を両立させるためには、しっかりと確認しておくようにしたいものです。

 

長期休暇の対応

子供がいると夏休みや冬休みなどの長期の休暇があります。そうすると毎日子供がいる状態になるので、普段通りの勤務ができなくなることに。そのため長期休暇に対応してもらえるかということは非常に重要な点です。
子供が夏休みに入ったらシフトを減らしてもらうか、夏休み期間はお休みをするなど早めに相談をしておくことが肝心です。

 
 

5、アパレルのアルバイト・パートに「採用したい!」と思われるポイントは?

閑散期でも売り上げを落とさない工夫や対策があれば教えてください
 

人柄を重視

アパレル未経験者・経験者でも、アルバイトやパートという雇用条件だとしても、共通して言えることはその人物の人柄を重視されています。
明るく笑顔を絶やさず会話をすることができ、常識や礼儀がきちんとなっている人は、面接官に好印象を与えるでしょう。
仮にアパレル経験者であっても、無愛想な態度をとっていたり経験者という肩書きやプライドにあぐらをかいているような人であれば不採用となります。
接客業の基本となる人柄の良さは何よりも重要視されることなのです。
 

積極性

「アルバイトだから」や「どうせパート勤務だし」などのスタイルでいるのはやめましょう。いくらアルバイトやパートとはいえど、お客様からしたらそのようなことは関係ありません。仕事をしている以上、アパレル店員として責任感を持って勤務することが大切。
面接の時は、やる気や積極性をアピールするようにしましょう。自分の掲げている目標ややってみたいことなどを具体的に伝えるようにすれば、きっと採用にもつながりやすくなるはずです。
 
 

6、まとめ

閑散期でも売り上げを落とさない工夫や対策があれば教えてください
 
アパレルは主婦や子持ちのママでは働けなさそうな印象を持ってしまいますが、アルバイトやパートといった条件で働くことが可能です。
ただ、後々トラブルに発展しないためにも、面接の段階で「月にどれくらいの勤務ができるか」「土日祝や夏休みは出勤できるか」などをはっきりと意思疎通しておくことが大切です。急なお休みの時の対応や残業の有無などもあらかじめ確認しておくと、いざ採用されて働き始めた時でも円滑に進めることができるでしょう。
主婦ママ歓迎のアパレル求人特集