• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接で聞かれる「転職の理由」の上手な伝え方

アパレル面接で聞かれる「転職の理由」の上手な伝え方
 
転職をする時に必ずと言っていいほど聞かれる「転職の理由」。「どうして前の会社を辞めたのか」「なぜアパレルで働きたいと思ったのか」などを知るための質問ですが、その時にふさわしくない回答をしたり、マイナスイメージを与えてしまうような伝え方をすると、不採用になってしまうことも。そうならないためにも面接官に好印象を与える上手な伝え方をしましょう。


 

 

1、アパレル面接で転職理由を聞く意図は?


 

前職をなぜ退職したのか

 
そもそも転職理由を聞く意図は何だと思いますか?それはシンプルに退職した理由を知りたいから。何が原因で辞めることを決意したのか、その理由をどのようなニュアンスで伝えるかを面接官はチェックしています。

 

アパレル業界の経験者?未経験者?

 
転職理由を聞くのは、前職にどんな仕事をしていて、アパレル業界の経験者か未経験者かどうかを知るためでもあります。以前にもアパレル業界や販売職に就いていたなら、ある程度の知識や経験があるため採用にもつながりやすくなります。
 
一方、未経験者であっても本人のやる気や意欲がどれほど感じられるかを転職理由から伺っているのです。

 
▼関連するお仕事をCHECKする
未経験OKのアパレル求人

 
 

2、アパレル面接のNGな転職理由の回答例


アパレル面接で聞かれる「転職の理由」の上手な伝え方 アパレル面接のNGな転職理由の回答例
 
転職理由はネガティブな理由であることが多いですが、そのことを面接の場ではっきり伝えるのはNG。もし採用したとしても同じように不満を抱えて、辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。そんな転職理由として言うべきではない回答例をご紹介します。
 

「人間関係のトラブルが原因です」

 
スタッフで気が合わない人がいたり、上司と相性が悪いことが原因で辞めたとしても、人間関係のトラブルを転職理由として述べるのは避けましょう。仮に自分に非がなくても、「何か良くない部分があるのでは?」と疑われてしまうことに。
 

「待遇や給料に不満がありました」

 
待遇や給料の面に不満があったことを理由にするのも印象としては良くありません。前職の批判や愚痴のような内容は非常にマイナスなイメージを与えてしまいます。仕事へのモチベーションを感じられにくいので面接で言うのはNG。
 

「前の仕事が合わなかったからです」

 
他業種の仕事をしていた人がアパレル業界にチャレンジしようとする時に、言ってしまいそうになる回答。実際に「事務作業が好きではなくなったから、接客業をしてみたくなった」などが転職理由だとしても、このような表現ではネガティブな印象を持ちます。自分のステップアップを目指した転職であるような言い方に変えましょう。

 
 

3、アパレル面接で上手に転職理由を伝えるコツ


アパレル面接で聞かれる「転職の理由」の上手な伝え方 アパレル面接で上手に転職理由を伝えるコツ
 

キャリアアップ

 
前職もアパレルの仕事をしていた経験者の方は、キャリアアップを目指していることを述べましょう。転職理由は前向きな理由であることが望ましいため、自分のキャリアを向上させるための転職なら好印象。販売員から店長、マネージャー、プレス、MDなどのキャリアアップの道が用意されている会社なら、そのモチベーションの高さを評価されることでしょう。
 

キャリアチェンジ

 
アパレル業界は未経験と言う方は、キャリアチェンジを転職理由として伝えると良いでしょう。未経験者は転職では不利なように思えますが、未経験がゆえのフレッシュさや吸収力を期待され、評価を得られることもあります。
販売経験はなくても、アルバイト時代に飲食店で働いたことがあれば、接客業の経験者という見方をされるので転職に有利になるでしょう。
 

コミュニケーション能力

 
接客をすることが基本のアパレルは、何よりもコミュニケーション能力を見られています。笑顔で気さくに話すことができるか、礼儀やマナーはなっているか、など人と接する上で最低限必要なスキルをチェックされます。そのため、持ち前のコミュニケーション能力をアピールしながら転職理由を述べると、ポジティブな印象に。
 
例えば「前職の営業では初対面の人とでもすぐに打ち解けられる面を評価されていました。ただより多くの人と接することができるアパレル販売のお仕事をしたいと思い、転職を決意致しました。自身のコミュニケーション能力をアパレルの販売員としても活かせられたらと思っています。」などが理想の回答例です。
 

服が好き

 
”服が好き”という理由だけでは、薄い印象になりがち。でも転職をしてまでもアパレルに携わりたいという熱意を伝えられたら、それは立派な転職理由になります。
「アパレルで働く夢を諦めきれなかった」「服が好きな気持ちは誰にも負けない」などの熱い気持ちを転職理由に込めましょう。

 
 

4、まとめ


アパレル面接で聞かれる「転職の理由」の上手な伝え方 まとめ
 
転職を決意した理由があまり良い内容とは言えなくても、そのことをストレートに伝えるのは印象が悪くなってしまいます。ポジティブな表現に言い換えたり、自分のやる気をアピールすることが重要です。
 
転職理由を上手に伝え、新たな環境で気持ち良くスタートを切ることを目指しましょう。


 

MIU MIU・バレンシアガ・メゾンキツネなど初ブランドも


MIU MIU・バレンシアガ・メゾンキツネなど初ブランドも

未経験OK!学生さんOKの求人も◎