• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレルカフェ店員になるには?

アパレルカフェ店員になるには?


 

 

1、アパレルカフェにはどんなお仕事がある?


ホール業務

 
アパレルカフェのお仕事は、一般的なカフェと業務内容としてはほぼ同じです。まずお客様の接客を担当するホール業務は、注文・料理やドリンクの提供・お会計・店内の清掃・電話応対・簡単なドリンク作りや調理補助が主な仕事。
ただ注文を聞いて料理を運べば良いというわけではなく、店内全体の状況や流れを把握しておかなければなりません。それらに気を配ることが、スムーズなご案内やお客様に快適に過ごしてもらうことへとつながるのです。
 
▼関連するお仕事をCHECKする
アパレルカフェのホールの求人を探す
 

キッチン業務

 
接客担当のホール業務に対し、調理を担当するのがキッチン業務。オーダーを受けた料理をスピーディーかつ正確に調理することが求められます。またアパレルカフェの場合、味はもちろん見た目の美しさにも力を入れているため、盛り付けに関しても丁寧に行わなくてはいけません。
ランチタイムや土日などの混雑時には、オーダーがどんどん溜まりホールの方から催促を受けることもあるので、テキパキと効率よく業務をこなすことが重要な役割。
そのためにはホールとキッチンでうまく連携をとり、協力し合うことが大切なポイントとも言えるでしょう。
 
▼関連するお仕事をCHECKする
アパレルカフェのキッチンの求人を探す
 

併設型や小規模カフェなら業務全般を行うことも

 
アパレルカフェならではのショップとカフェが同じ空間にある、いわゆる”併設型”や”融合型”と呼ばれるカフェや、小規模なカフェの場合は業務全般を任されることもあるようです。
基本的には分業スタイルがほとんどですが、ごく稀に正社員や店長クラスの立場になると全ての業務内容について知っておくことが必要なので、オールマイティーな活躍を求められることもあるようです。

 
 

2、アパレルカフェのお仕事で求められることは?


アパレルカフェ店員になるには? アパレルカフェのお仕事で求められることは?
 

コミュニケーション能力

 
アパレルカフェはサービス業のため、コミュニケーション能力は欠かせないスキルと言えます。お客様やスタッフに対して円滑なコミュニケーションをとることは、接客業をする上で必ず求められること。
いつも明るく笑顔が素敵な店員さんがいるカフェなら、カフェ全体の印象が良くなりますよね。カフェの印象が良くなるということは、アパレルのブランドイメージの向上にもつながり、相乗効果が生まれます。
そのためアパレルカフェでは、特にコミュニケーション能力が求められることとなるのです。

 

臨機応変さ

 
アパレルカフェはそのオシャレさと統一された世界観などから、カフェ業界の中でも人気が高く、そのため混雑することが多いです。そうするとお客様に提供する料理やドリンクのスピードに影響が出たり、ご案内の仕方によっては迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。
そこで求められるのが臨機応変さ。頭の回転が速く、とっさの事態にも的確に対応できる臨機応変さは、忙しいアパレルカフェには非常に必要なスキルだと言えます。

 

センスの良さ

 
アパレル企業が展開しているカフェのため、センスの有無で言えばもちろんある方が何かと有利。例えば、レジ前に置く商品の陳列やディスプレイ、料理の盛り付けや身だしなみにおいても、センスの良さが求められます。
またお客様もブランドが好きなことがきっかけでカフェに来店されることもあり、オシャレでハイセンスな人が集まることも特徴。そのため普通のカフェに比べると、センスの良さを求められる環境だと思っておいた方が良いでしょう。

 
 

3、アパレルカフェのお仕事に向いている人


アパレルカフェ店員になるには? アパレルカフェのお仕事に向いている人
 

ファッションに興味がある

 
カフェの店員になるにはまず「カフェが好き」であることが最低条件と言えますが、アパレルカフェにおいて向き不向きは存在するのでしょうか?
アパレルカフェにはカフェが好きなことに加え、ファッションにも興味がある人の方が向いていると言えます。
オシャレをすることや服が好きな人、美容やトレンドに詳しい人なんかはぴったりの環境なのではないでしょうか。
カフェの業務を学びながらファッションの知識を得たり触れることができるのが、アパレルカフェの魅力の一つです。
 

ブランドのファン

 
元々アパレルのブランドのファンであることは、採用の時に良い印象を持たれるでしょう。そのブランドの持つ世界観やコンセプトを理解しており共感している人と判断されるので、カフェにおいてもその魅力を伝えてくれることを期待されるからです。
自分自身も大好きなブランドのプロデュースするカフェで働くことは、楽しさややりがいにもつながることなので、モチベーションを高く維持しながら仕事をすることができると言えるでしょう。

 
 

4、アパレルカフェのお仕事に向いていない人


アパレルカフェ店員になるには? アパレルカフェのお仕事に向いていない人
 

ファッションに無頓着

 
アパレルカフェに向いていない人というのは、ファッションに無頓着なタイプの人。カフェ業務がメインだとしても、アパレル企業が展開するカフェのためそれなりにファッションについて興味がないといけません。
全く関心がないとアパレルカフェのブランドイメージを理解できず、雇用側も雇用される側にとってもメリットがありません。
もしファッションに興味がないとしても、働く以上少しでもファッションの知識を付けておくことが必要です。

 

人見知りが激しい

 
サービス業は、社交的で人と会話をすることが好きな人が向いています。アパレルカフェは、アパレルの販売員のようにお声掛けをしたり商品説明をすることはありませんが、接客という面では同じこと。
そのため、あまりに人見知りが激しく人と関わることが苦手な人には向いていない職種です。ただ人見知りは徐々に改善されていくこともあります。積極的に会話をしたり初対面の人と関わることが習慣になると、働きながら克服していくことができるかもしれません。

 
 

5、まとめ


アパレルカフェ店員になるには? まとめ
 
アパレルカフェ店員になるためには、カフェとファッションの両方の知識や興味を抱くことが基本。もちろん始めから完璧でなくても、仕事をしながら周りに刺激を受けてセンスが磨かれていくこともあります。
「カフェで働きたい」「カフェで正社員を目指したい」と考えている人は、オシャレなカフェ店員になれるアパレルカフェの求人もチェックしてみてはいかがでしょうか?

 
▼ブランドの世界観を楽しめる!アパレルカフェで働こう
アパレルカフェの求人を探す