• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

ブランドの顔!アパレル業界プレスになるには

ブランドの顔!アパレル業界プレスになるには

アパレル業界で憧れのお仕事の一つとして挙げられる「プレス職」。しかし実際の仕事内容はよくわからない、という方も中にはいるのではないでしょうか?なんとなくキラキラしていて華があってオシャレなお仕事のイメージが強いプレスですが、実際どんなことをしているのかを徹底解剖しちゃいます!

1、ブランドの顔!アパレル業界のプレスってどんな仕事?


「プレス」とはもともと「広報担当」を意味する言葉です。その名の通り、アパレル業界のプレスは自分が担当するブランドの商品や店舗のPRをして、多くの方に知ってもらうお仕事です。一言で言うとブランドのファン作りをするのが使命!
 
ファン作りといっても様々な業務があります。企業やブランドによって多少異なりますが、ここではプレスのお仕事の一部を紹介します。
 

カタログ作りやプレスリリース

デザイナーが作った新作のカタログやプレスリリースを行うのもお仕事の一つ。カタログの撮影に立ち会って、そのブランドらしさやシーズンのコンセプトが表現できているかをチェックします。撮影によっては早朝や深夜など過酷なことも少なくないという声も・・・。
 

テレビや雑誌などの撮影のための衣装の貸し出し・管理

CMやドラマなどでタレントさんが着用する服をスタイリストに貸し出すのもプレスのお仕事です。誰にいつ何を貸したかという細かな管理が必要とされるため、大変な部分もありますが、服をピックアップして貸し出すので自分のセンスが活かしたい方にピッタリです。
 

展示会やショーの企画

シーズンごとに行われる展示会やファッションショーの企画や運営も行います。多くのアパレル業界の関係者やメディアに披露する機会なので、どんなPR方法を行うかを考えるのもプレスの腕の見せ所です。また、ゲストに誰を招待するか、有名人の出演交渉なども行います。
 
よくプレスと言われてイメージするのが、InstagramやTwitterなどのSNSの更新だと思いますが、もちろんそれもお仕事の一つです。その他にも、自分自身がブランドの顔として雑誌などで取材を受けたり、顧客のデータから分析をしたり、仕事内容の幅はとても広いです。一見オシャレで憧れの内容ですが、実はとても戦略的にPRを考えるのがプレスです。
 
 
2、プレスに求められるスキルや経験


プレスのお仕事は多岐にわたるというお話をしましたが、実際にプレスになるためにどんなことが求められるのかをご紹介します。
 

コミュニケーション能力

ブランドの顔として自分自身がメディアに出る機会が多いのがプレスです。顧客様に好感をもってもらえるような話し方や立ち居振る舞いが求められます。それだけではなく、テレビや雑誌などのメディアの貸し出しや展示会・ショーの運営などで自分のブランド以外の人とのやりとりが多く発生するので円滑に進められるような裏方のやりとりも大切になります。
 

アパレルに関する知識

プレスのお仕事であるPRをするためには自分のブランドの魅力をしっかりと外に向けてアピールできなければいけません。そのためアパレルに関する知識は必要になってくるでしょう。もちろん、自社ブランドに関しては最新の情報を把握しておきましょう。
 

マーケティング知識

自分のブランドのファンを作るために、様々なメディアに露出してPRやプロモーションを行うのもお仕事の一つです。そのため、どうやったら顧客様に響くのかを戦略的に考えられる知識が必要になってきます。
 
 
3、プレスになるには


ここまで読んで「プレスって難しそう・・・」と感じてしまった方もいるのではないでしょうか?でも、どんなスゴ腕のプレスでもはじめはみんな初心者です。店舗での販売経験を活かしてステップアップする人もいます。
 
いきなりプレスになるのは難しいと感じる方は、まずはプレスアシスタントから始めてみるのも良いでしょう。先輩の働き方から学べることはたくさんあるはず!
 
▼関連求人はこちら

 
 
4、まとめ


華やかでオシャレなイメージの強いアパレル業界のプレスのお仕事は、実は裏方での仕事も多く、更にいろいろな知識やスキルが求められるため過酷な面もあります。しかし、様々な業界や職種の人と関わることができたり、展示会やショーなどを作り上げたりできるのはプレスならではのやりがいです!未経験で始めたい場合はプレスアシスタントから始めて先輩の背中を見るのも、憧れのプレスへの近道かもしれません。