• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル業界は副業禁止? 副業先にアパレルを選ぶメリットとデメリット

アパレル業界は副業禁止? 副業先にアパレルを選ぶメリットとデメリット
「オシャレな仕事をしてみたい」「アパレルに興味がある」などアパレル業界で働いてみたいけど、働く時間や給料面、現在の仕事の状況からアパレル業界で働くのをあきらめた方も多いのではないでしょうか。
 
アパレル業界では、近年の人手不足の状況から、実は副業を認めているアパレル企業が増えている傾向にあり、シフトの自由度や勤務時間などが緩和され、副業として始めやすい職種として注目を集めています。ここでは、アパレル業界で副業を考えている方に向けて、副業についてご紹介します。

1.副業・Wワークとは


副業とは「収入を得るために携わる本業以外の仕事」を指し、就労形態によって、アルバイト、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類され、収入は給料収入、事業収入、雑収入に分けられます。近年では、ネットビジネスやフリマアプリなど個人が本業以外に副収入を簡単に得る手段が広がり、副業についての明確なボーダラインが難しい状況にあるようです。

また、副業を認める会社も増加傾向にありますが、大半は禁止していることが多いので、副業を考えている方は、就業規則を確認しておいた方がいいでしょう。
 
▼関連する求人をCHECK!
副業するならアパレル!WワークOK特集

 
 

2.アパレル業界は副業禁止?


近年の人手不足が強まる状況から、副業を認めているアパレル企業が増加傾向にあります。これまでは、主にフルタイムで働ける方を募集条件としていましたが、シフトを自由に組める働き方や短時間勤務など、条件の緩和や新しい働き方を提案するアパレル企業が増え始めました。

しかし、本業がアパレルで正社員雇用として働いている場合は、他の職種との副業を認めていない場合がほとんどのようです。また、アルバイトなどの非正規雇用でも本業と副業の業種が類似しているという場合は、副業を認めていないケースがあるようです。顧客の奪い合いや情報漏えいなどというリスクが懸念されるため禁止するケースが多いようです。

 
 

3.副業先にアパレル業界を選ぶメリットとデメリット


オシャレをするのが好き、ファッションに興味があるなど、アパレル業界に憧れや興味のある人であれば、一度はアパレル業界で副業を考えた経験があると思います。ここでは、副業先にアパレル業界を選ぶメリットとデメリットをご紹介します。

 
【メリット1】好きなブランドや服に携われること。
最新のトレンド情報や好きなブランドの世界観を働きながら身近に感じることができます。また、常にお客様から見られている環境のため、自然と美意識も高まり、オシャレだけでなく美への感度も上がります。アパレル業界で働く人は、ファッションや美に興味のある人が多く、趣味や嗜好性が合う仲間に出会えることもアパレル業界で働く魅力の一つです。

 
【メリット2】好きなブランドの服が社割りで購入できること。
アパレル業界で働く特権と言えば、好きな洋服が割安で購入できる社割り制度。アパレル企業のほとんどが、福利厚生に社員割引制度を設けている場合が多く、流行りの服を着ながら仕事ができるのは、アパレル業界ならではのメリットです。
 
▼社割り制度については、こちらの記事を参考にしてください。
最高8割引きで洋服が買える!アパレル販売員の社割事情は?服代にいくら使っている?

 
【メリット3】シフトの自由度が高いこと。
「2、アパレル業界は副業禁止?」で触れたように、近年の人手不足の状況から短時間勤務など働く条件を緩和したアパレル企業が増えています。その為、「週2~OK」「1日2時間~OK」「土日祝のみOK」という条件で働けるアパレル求人が増加傾向にあり、これまでフルタイムでは働けないからという理由でアパレル業をあきらめていた方は、空いた時間を利用して働くことができるようになりました。

 
【デメリット】本業への支障が出ること。
例えば、平日は本業で働き土日は副業で働くとなると休み無く働いていることになり、体力的にきつく疲労に繋がるケースがあります。休日を利用して副業を考えるのであれば、本業に支障を来さない程度に働くといいでしょう。

 
 
4.副業先にアパレル業界を希望する求職者にアンケート

副業を希望する求職者108名に「副業について」のアンケートを実施しました。
 
Q1、現在「副業」をしていますか。または考えていますか。
現在「副業」をしていますか。または考えていますか。
・はい 25.6%
・これから考えている 45%
・いいえ 29.4%

 
Q2、現在の職種を教えてください。
※Q1で「副業をしている」「検討中」と回答した人の職種
「副業をしている」「検討中」と回答した人の職種

・飲食業(居酒屋なども含む) 30.9%
・販売業(コンビニ、スーパーなども含む) 18.5%
・派遣、単発、イベント 3.7%
・接客業(キャバ、ガールズバーなども含む)3.7%
・美容系、医療系 2.5%
・自営、在宅 1.2%
・その他 19.8%
その他の職種
アシスタント、コールセンター、インストラクター、ライター、モデル、介護職、保育士、塾講師など

 
Q3、「副業」を希望する理由を教えてください。
「副業」を希望する理由を教えてください

・収入のため(貯金) 62.1%
・様々な職種の経験をしたい 20.4%
・空いた時間に働きたい 7.8%
・その他 9.7%
その他の回答
今のバイトのシフトがあまり入れないから、知り合いに頼まれた、今のバイトをすぐに辞められないためなど

 
◇「収入のため」
「収入のため」の回答が半数以上でした。
中でも「貯金をしたいから」「お小遣い稼ぎに」「自由に使えるお金が欲しいから」という、自分のための収入を目的とした意見が多く、本業のみでは足りない分を副業で収入を求める傾向にあるようです。また、「本業が月1~2回程のシフトで経済的に厳しい」「メインにしている仕事がシフト制で稼げない月がある」といった意見もあり、シフトの不安定性から副業を希望していることも分かりました。

 
◇ 「様々な職種の経験をしたい」
「大学のうちにできる経験はたくさんしたい」「違う職種を体験してみたい」「色々な分野に関わりたい」という就職活動を控えている学生などの若年層からの意見が多く、バイトは自分に合った仕事探しの一つとして経験するものと捉えていることが分かりました。

 
Q4、「副業」にアパレル業を希望する理由を教えてください。
「副業」にアパレル業を希望する理由を教えてください

・服が好き、アパレルに興味がある 65.5%
・将来アパレルで働きたい 8.8%
・オシャレな仕事をしたい 8.0%
・アパレル販売員経験がある 7.1%
・好きなブランドの求人があった 2.7%
・その他 8.0%
その他の回答
憧れるスタッフがいるから、メインをアパレルにしたいが生計を立てるため他の仕事を本業にしている、働く環境面が整っているからなど

 
◇「服が好き、アパレルに興味がある」
「服が好き、アパレルに興味がある」が65%を占め、最も多い回答でした。「オシャレが好き」「洋服が好き」「好きなブランドに携わりたい」という意見が多く、副業をするなら、好きなモノやコトに関われる職種を選ぶ傾向にあるようです。

 
◇「将来アパレルで働きたい」
「ゆくゆくは本業としてアパレルで働きたい」「服が好きでメインにアパレルをしたい」など、本心はアパレルのみで働きたいが、シフトや収入面でアパレルを本業に出来ていない回答もありました。

 
Q5.現在の勤め先で副業は認められていますか。
現在の勤め先で副業は認められていますか

・認められている 41.7%
・認められていない 13.3%
・分からない 45%
 
◇「 分からない 」が45%と多く、就業先がWワークを認めているかの認識の曖昧さがあることが分かりました。