• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレルの営業職面接で気を付けたい服装や聞かれる質問について

アパレルの営業職面接で気を付けたい服装や聞かれる質問について
 
アパレルの営業職を目指すなら、まずやるべきことは面接対策です。面接官に好感を持ってもらうためには、事前に面接のシミュレーションをしたり準備をしておくことが肝心になります。
今回はアパレル営業職の面接を受けるならおさえておきたい、面接時の服装や質問について解説します。

 
 

 

1、アパレルの営業職って?

アパレルの営業職は、百貨店や小売店に営業を行ったり自社商品を売り込むことが仕事です。ほかにもイベントやフェアなどの販促活動の企画、展示会の対応、ショップスタッフの育成をする場合もあるでしょう。
営業職ということもあり、コミュニケーション能力は必要不可欠のスキルとなります。また判断力や行動力も求められるため、フットワークが軽くテキパキと行動できる人が適しているでしょう。自社ブランドや商品を売り込むため、提案力や粘り強さなども求められます。

 
 

2、営業職の面接にふさわしい服装って?

 
アパレルの営業職面接で気を付けたい服装や聞かれる質問について
基本的にアパレル業界の面接は「私服面接」であることが多いでしょう。服装の指定がない場合は面接を受ける企業やブランドのコンセプトに沿った服装が望ましいので、事前にどのようなスタイリングにするかを考えておくと安心です。
また服装が自由だとしても、面接にふさわしい身だしなみを心掛けましょう。清潔感のある服装を意識して、常識的なコーディネートが理想です。
反対に面接にふさわしくない服装は、過度な露出や個性的すぎるファッションは控えた方が無難です。また他社ブランドのロゴが全面に書かれた服やハイブランドの服も避けた方が良いでしょう。

 
 

3、営業の面接で聞かれる質問

・「志望動機は何ですか?」
→面接では必ず聞かれる質問です。具体的な志望動機を答えるようにしましょう。
 
・「自分の性格を一言で表すと何だと思いますか?」
→自分自身を客観的に見ることができるかをチェックされています。ネガティブな内容になりすぎないことがポイントです。
 
・「入社してやってみたいことはありますか?」
→応募者の意欲や熱意を知るための質問です。キャリアプランや目標を答えると良いでしょう。
 
・「自己PRをしてください」
→アパレル営業では自社の商品をPRしたり提案する力が必要です。自己PRはその素質があるかどうかの、判断基準となるでしょう。
 
・「最後に何か質問はありますか?」
→逆質問は事前にいくつか聞きたいことを考えておくと良いでしょう。調べればわかることはNGです。キャリアアップ例や入社までにやるべきことなど、意欲的な質問にしましょう。

 
 

4、面接前に覚えておいた方が良い知識

 
アパレルの営業職面接で気を付けたい服装や聞かれる質問について
面接前は面接のシミュレーションをしたり服装を考えることも大切ですが、まずは企業研究を行いましょう。企業理念、事業内容や社風など、面接を受ける企業に関する情報を集めることで、説得力のある志望動機を作成することにもつながります。
アパレルの営業職の場合、展開するブランドの商品知識やターゲット層、ブランドコンセプトまで把握しておくと、より採用に有利となるでしょう。そのためには企業やブランドのホームページを見たり、実際にショップに行ってみるのも参考になります。

 
 

5、まとめ

 
アパレルの営業職面接で気を付けたい服装や聞かれる質問について
アパレルの営業職は華やかなイメージがありますが、人と人との関わりが非常に大切になる職種でもあるため、どんなことにも真面目に取り組む人材が求められます。面接での身だしなみや服装、受け答えなどから、仕事への熱意をしっかりとアピールできるようにしましょう。

 
 

\登録3分!/