• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル店員の好ましい香水とは?気を付けたいマナーやつけ方についてご紹介

アパレル店員の好ましい香水とは?気を付けたいマナーやつけ方についてご紹介
 
アパレル店員は働く時に、香水をつけても良いのでしょうか?もしつける場合は接客業である以上、お客様に好感を持たれる香りであるべきですよね。そのためには香水の正しいつけ方や注意点を知っておく必要があります。
アパレル店員の好ましい香水のマナーについてご紹介します。

 
 

 

1、香水をつけるメリット

 

人の記憶に残る

印象に残っている香りを嗅ぐだけで、その人物や思い出が蘇ってくる経験はありませんか?それくらい香りは人の記憶に残りやすいものといえます。そのため香水をつけると自分の存在を相手に印象付けることができるでしょう。

 

仕事モードになる

香水は気分を上げてくれたりやる気を引き起こしてくれる効果もあるため、出勤前に香水をつけると仕事モードに切り替えることができるでしょう。「仕事の日はこの香水をつける」と決めておくとオンとオフでメリハリをつけやすくなります。

 
 

2、香水をつける際に気を付けたいこと

 
アパレル店員の好ましい香水とは?気を付けたいマナーやつけ方についてご紹介
 

つけすぎない

アパレル店員が香水をつける際に注意する点は、つけすぎないようにすること。「香害」という言葉があるように、自分にとっては好きな香りでも周りの人には不快に感じることもあります。
特にアパレル店員は接客業であるため、香りに関しては気を付けなければいけません。香水をつけすぎるとお客様によっては気分を悪くする場合もあるので、ほのかに香る程度にしておくようにしましょう。

 

店のコンセプトに合わせる

香水の種類は様々ありますが、香りによって与える印象が異なります。アパレル店員であれば店のコンセプトなどを意識した上で、香水を選ぶようにしましょう。自分の働くブランドのターゲット層に人気のある香水を選ぶのがオススメです。品があって万人ウケする香りが適しているでしょう。

 
 

3、好ましい香水のつけ方

 
アパレル店員の好ましい香水とは?気を付けたいマナーやつけ方についてご紹介
 

人に会う30〜60分前につける

香水は時間がたつにつれ香りが変化していくことを知っていますか?トップノート・ミドルノート・ラストノートという順に香りが変わっていき、香水をつけて30〜60分後のミドルノートの状態が一番良い香りだといわれています。
そのため仕事で店頭に立つ直前につけるよりも、時間を逆算して少し早めにつけるのが好ましいつけ方です。

 

つける場所

香水をつけたことがある人ならわかると思いますが、一般的に香水をつける場所は手首や耳の後ろですよね。手首は動きが多いことから香りが放たれやすくなり、耳の後ろは体温が高い部位なので香りが持続しやすいといわれています。
ただアパレル店員が香水をつけるならウエストや足首の方が良いでしょう。なぜなら下半身に香水をつけると下から上へと香りが漂うことになるので、ほのかに香りを楽しむことができるためです。
「香りを強く楽しみたい時は上半身」「仕事や食事をするシーンでは下半身」と目的に応じてつける場所を変えると良いでしょう。

 
 

4、まとめ

 
アパレル店員の好ましい香水とは?気を付けたいマナーやつけ方についてご紹介
アパレル店員が香水をつける場合は、ほんのり漂う程度がベストです。強い香りはお客様に不快な印象を与えてしまうので、つける量やつけ方には気を付けましょう。
スプレータイプの香水以外にも、練り香水やロールオンタイプの香水もあるため、いろいろ試してみて自分に合う香りを見つけてくださいね。

 
 

\登録3分!/