• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接で聞かれる夢や将来像は何と答えるのが好ましい?

アパレル面接で聞かれる夢や将来像は何と答えるのが好ましい?
 
アパレル面接で必ずといって良いほど聞かれる夢や将来像についての質問。「将来の夢は何ですか?」とストレートに聞かれることもあれば、「入社後はどんなことをやってみたいですか?」「キャリアプランを教えてください」という聞かれ方をすることもあるでしょう。ではなぜこのような質問をされるのでしょうか?その質問の意図と答え方の例文をご紹介します。

 
 

 

1、なぜ聞かれるのか

 

仕事に対しての向上心

なぜ夢や将来像について聞かれるかというと、まず第一に仕事に対しての向上心をチェックするためです。採用をするなら仕事熱心で向上心のある人材を雇いたいと思うのは、どの面接官でも同じこと。どのような夢や将来像を抱いているかを知ることによって、モチベーションの高さを判断することができます。

 

仕事への貢献度や働き方

具体的な夢や目標がある人はキャリアプランも明確であると判断されます。そのため面接官は「どんな働き方をしてくれるのか?」ということが想像しやすくなり、また仕事への貢献度も把握することができます。このような質問を通して企業側と応募者がマッチするかを見極めていると考えられるでしょう。

 

長期的に働くつもりか

アパレル面接で将来について聞かれるのは「長期的に働くつもりがあるのか?」という点を探る意味合いもあります。特にこれといったキャリアプランも目標もない人材であれば、長期的に働く見込みがないと判断し不採用となるでしょう。

 
 

2、好印象な伝え方

 
アパレル面接で聞かれる夢や将来像は何と答えるのが好ましい?
 
夢や将来像を語る際は、とにかく前向きな内容にすることが条件といえます。達成できるかわからないことについては、つい弱気な姿勢になりがちですが面接ではポジティブな表現を心がけましょう。
「販売員として実績を残し、いずれは店長を目指したいです」「語学力を活かしてグローバルな活躍をしてみたいです」など、小さな目標達成からいずれ実現したいことを述べたり、自身の経験やスキルを活かした夢をアピールすると、面接官に好印象を与えることができるでしょう。
注意点としてはあくまでも将来像は仕事に関する内容でなくてはいけません。プライベートなことや仕事とは無関係なことを答えてしまうと、働く意欲が感じられないと判断されてしまいます。仕事への熱意が伝わる内容を意識することが大切です。

 
 

3、夢や将来像のまとめ方

 
アパレル面接で聞かれる夢や将来像は何と答えるのが好ましい?
 

小さな目標設定をする

夢や将来像といわれてもあまりに漠然としていて、どのようにまとめれば良いのかわからない人も多いと思います。その場合はまず自分が目指す職種で成し遂げたいことを考えてみましょう。
アパレル販売員なら「個人売上目標を毎月達成する」「お客様にリピーターになってもらう」などの小さな目標でも構いません。面接の段階なので細かな仕事内容はわからないのは当然のため、自分のわかる範囲でできそうな目標設定を立ててみましょう。

 

キャリアプランを明確にする

次に、その目標を達成した何年後かの自分をイメージし、どんな働き方をしていたいかを考えてみます。「エリアマネージャーになりたい」「アパレルのMDを目指したい」といった大きな夢を抱くことによって、自分のキャリアプランが明確になってくるでしょう。
まだ働いてもいない状態で仕事における夢や将来像を考えることは難しいかもしれませんが、一つずつ順番に目標を決めていくことがポイントです。

 
 

4、夢や将来像の例文

例①
「私はアパレル販売員になることが夢でした。中学生の頃、初めて一人で服を買いに行った時にやさしく丁寧に接客をしてくれた店員さんが、今でも私の憧れの存在でもあり御社のアパレル販売員を目指したきっかけでもあります。晴れて販売員になることができたら、どのようなお客様にも分け隔てなく対応ができ、お客様のニーズに合った接客や提案をすることが目標です。いずれは店長となって、風通しの良い職場を目指して、お客様が何度も通いたくなるお店を作り上げることが私の夢です。」
 
例②
「大学生の時にカフェでアルバイトをしていた経験があるのですが、店の売上が伸び悩んでいたため、何か良い方法はないかと店長をはじめスタッフ一同で案を出し合ったことがあります。その時私は『最近は自宅でおいしい料理を楽しみたい人も増えてきていると聞いたので、テイクアウトサービスを始めたらどうでしょうか?』という提案をしました。その結果常連の方はもちろん新規のお客様の需要も増え、売上が◯%アップしたことに達成感ややりがいを感じました。御社に入社したら商品の企画やキャンペーンなどを積極的に提案し、いずれはリーダーシップをとって活躍できる人材になりたいと考えています。」
 
例③
「前職は不動産の営業をしておりました。そこで培った営業力やコミュニケーション能力は御社で働く際にも活かせることだと思っております。御社の他にはない個性的なデザインが魅力の商品に憧れを抱いている人はたくさんいるので、今以上に幅広くこのブランドを認知してもらうためにも自身の経験を活かしてPRしていくことが目標です。効果的な販売戦略やSNSを利用した宣伝活動などを通して、売上への貢献と知名度を広げていけたらと考えています。広報は企業の顔と言われますが、そこからさらに”広報の顔”と呼ばれるくらいの活躍と実績を残すことが私の夢です」

 
 

5、まとめ

 
アパレル面接で聞かれる夢や将来像は何と答えるのが好ましい?
 
アパレル面接では夢や将来像を通して、応募者の仕事に対する熱意やどのようなキャリアプランを描いているかを知ろうとしています。また企業側にとって採用するメリットやミスマッチを防ぐ意味合いもあります。
具体的な内容にするためには、「面接を受ける企業についてよく知ること」や「自分がどんな働き方をしたいか」を明確にすることが大切です。ぜひご参考にしてみてくださいね。

 
 

\登録3分!/