• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接で他ブランドの服はNG?服装選びで意識すべきこと

アパレル面接で他ブランドの服はNG?服装選びで意識すべきこと
 
一般的に面接の時の服装はスーツが定番ですが、アパレル面接の場合は私服面接を行うところが多く、そうすると「何を着ていけばいいのか?」と悩んでしまいますよね。理想は面接を受けるブランドの服を着用することですが、他ブランドの服でも問題はないのでしょうか。
アパレル面接の服装や、面接時に見られるポイントについて解説します。

 
 

 

1、アパレル面接で他のブランドの服はNG?

アパレル面接では、できるだけ面接を受けるブランドの服を着ていくことが望ましいでしょう。そうすることでブランド愛をアピールすることができたり、「自社アイテムをどのようにコーディネートしているか?」という点を面接官は知ることができます。
ただ他ブランドの服を着て行ったとしても、それだけで不採用になることは少ないでしょう。あまりにも他ブランドのロゴが全面に出た服や競合店の人気アイテムであると良い印象は与えないので、あくまでもコーディネートの一部として取り入れる程度であれば問題ありません。

 
 

2、ブランドイメージが合っていれば大丈夫?

 
アパレル面接で眼鏡はNG?つけまつげやカラコンなど好ましい目の印象アパレル面接で他ブランドの服はNG?服装選びで意識すべきこと width=
 
アパレル面接の服装で重要視される点は、ブランドイメージを理解しているかどうか。全身を面接を受けるブランドの服にしたとしても、ブランドイメージを把握できていなかったり、コンセプトや魅力を理解していなければ意味がありません。
それよりもブランドイメージに合った服装を心がけることが何よりも大切なこと。他ブランドの服でも、トレンドを取り入れたコーディネートやブランドイメージにぴったりな服を選べば、むしろ好感を持たれる場合もあるでしょう。参考にするとしたら同じ系統の雑誌に掲載されているブランドや、テイストが似ているブランドを選べば安心です。
また面接では「他ブランドで好きなブランドはありますか?」と聞かれることもあるので、面接を受けるブランド以外の知識も身に付けておきましょう。

 
 

3、アパレル面接時に一番見られるポイント

 
アパレル面接で他ブランドの服はNG?服装選びで意識すべきこと
 

清潔感

アパレル面接ではファッションセンスもチェックされますが、それよりも清潔感を見られる場合が多いでしょう。センスは働きながら知識を身に付けていけば良いと考えるブランドが多いので、面接時は人に好感を持たれるような身なりを心がけることを優先しましょう。
たとえば服のシワや汚れなどは目立ってしまうので、アイロンをかけたり状態の良いものを着用するようにしましょう。アパレル店員を目指すなら接客業として清潔感は最も必要となる部分なので、そのことが伝わる身だしなみを意識することがポイントです。

 

普段の自分らしい服装

面接の服装を考える時、どうしてもいつもより背伸びした服装をしがちですが、アパレル面接では普段の自分らしい服装を見たいと考える面接官が多いもの。もちろんブランドのイメージに合う服装を心がける必要はありますが、普段全く着ることのないスカートを履いたり、好みではない色を合わせるのではなく、自分らしさをアピールできる服装が望ましいでしょう。
実際に働き始めたら幅広いコーディネートをすることが求められますが、面接の日は自分らしい服装で行くようにしましょう。

 

服装以外の身だしなみ

アパレル面接で服装を見られることは想定内なので、誰もが意識している部分です。そのことは面接官も把握しているため、服装以外の身だしなみを見られている場合もあります。
服装以外の身だしなみというのは、髪型やメイク、靴や小物といった部分です。いくら服装をバッチリ決めても、髪が整っていなかったりブランドイメージに合わないメイクであれば、印象が悪くなってしまいます。また履き古した靴や過度に身に付けたアクセサリーも面接にはふさわしくありません。ネイルをする場合は、剥げたり不衛生な印象を与えないか注意しておきたいですね。
服装以外にも全身のバランスや身だしなみを意識することが大切なので、面接に行く前には鏡の前でチェックするようにしておきましょう。

 

ブランドへの理解

面接を受けるブランドの服を着て行くことを意識する人は多いですが、ただ服を着るのではなく、そのブランドの理解ができているかを確認しておくようにしましょう。
「ここのブランドのファンだから」という志望理由はほとんどの人が述べる内容です。「だから全身御社のブランドの服でコーディネートしました」ということで熱意は伝わるかもしれませんが、本当にブランドのことを理解をしていなければ不採用になることも。
まずは企業理念やブランドのコンセプト、客層や商品の特徴を下調べして、しっかりブランドの知識を身に付けることが求められます。ブランド愛を伝えるためには、見た目だけではなく知識も必要になると思っておきましょう。

 
 

4、まとめ

アパレル面接で他ブランドの服はNG?服装選びで意識すべきこと
アパレル面接の服装事情についてお届けしました。理想はコーディネートのどこかに面接を受けるブランドのアイテムを取り入れて、自分らしさをアピールできる服装が望ましいでしょう。ただ面接という場をわきまえた常識のある見た目を意識することも大切です。
面接は見た目や服装もチェックされますが、まずは人柄や雰囲気を重要視されることがほとんどです。好感を持ってもらえるような身なりと受け答えができるように、事前の準備が肝心となるでしょう。

 
 

\登録3分!/