• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接で眼鏡はNG?つけまつげやカラコンなど好ましい目の印象

アパレル面接で眼鏡はNG?つけまつげやカラコンなど好ましい目の印象
 
オシャレの一環としてつけまつげやカラコンをする人は多いと思いますが、アパレル面接の時は避けた方が良いのでしょうか?また眼鏡についても外すべきなのか気になるところ。
そんなアパレル面接で好ましいとされる目の印象について解説します。

 
 

 

1、アパレル面接で目の印象が大切な理由

人の第一印象は主に目で判断されます。目つきが悪かったり目を見て話さないような人に対しては不信感を感じるように、目の印象によってその人の人柄を知ることができます。そのため面接では目の印象によって、好感を持ってもらえるかが決まるといっても良いくらい重要なポイントといえるでしょう。
目から受ける印象は、人柄以外にも熱意をアピールすることもできます。真剣な眼差しで面接官に志望動機を伝えれば、やる気のある人材だと判断されるでしょう。目を見て話すことは自信の表れでもあり、また説得力も増します。そのため相手に与える自分の目の印象について客観的に知っておくことも必要です。

 
 

2、アパレル面接で眼鏡はNG?

 
アパレル面接で眼鏡はNG?つけまつげやカラコンなど好ましい目の印象
 
視力が悪く、日常的に眼鏡を使用している人はアパレル面接の際にはコンタクトにするべきなのでしょうか?眼鏡の使用は、矯正目的であれば特に問題はない場合が多いでしょう。ただブランドによっては勤務時はコンタクトを推奨しているところもあるようです。
伊達眼鏡のようなオシャレ目的として使用する場合も、ブランドのコンセプトや店の雰囲気に合わないと判断される場合は着用を禁止していることもあるので、面接時に確認しておくことが望ましいでしょう。

 
 

3、アパレル面接で好ましい目の印象

 
アパレル面接で眼鏡はNG?つけまつげやカラコンなど好ましい目の印象
 

派手なアイメイクやカラコンは避ける

アパレルは髪色やメイクの規定がなく、オシャレを自由に楽しみながら働けることが魅力ですが、面接では派手なアイメイクやカラコンは避けた方が無難でしょう。目を印象付けようとするがあまり、面接にふさわしくない派手な見た目になってしまってはイメージが良くありません。面接では清潔感のあるアイメイクを心がけ、カラコンに関してはサークルレンズやナチュラルなカラーレンズ程度にしておく方が安心です。
またつけまつげは付けても問題はありませんが、あまり不自然にならないように気を付けましょう。TPOに合わせたオシャレや身だしなみをすることがポイントです。

 

マスク着用なら目で感情を表現

最近はマスクを着用した状態で面接をする機会も多いと思います。そうすると表情が伝わりづらい点がデメリットといえるでしょう。
そのため通常の時よりも、目で自分の感情を表現することを意識しなくてはいけません。志望動機を伝える時は熱意を感じられるように目力を、面接官の話を聞く時は目をしっかり開いて相手の目を見つめ、リアクションをする時はどんな表情をしているのかがわかるように目で感情を伝えるようにしましょう。

 

目元がよくわかるようにする

眼鏡を着用して面接を受ける場合は、目元がよくわかるような眼鏡にしましょう。縁が太かったり大きすぎる眼鏡だと、顔の印象がわかりにくく目元だけが不自然に強調されすぎてしまいます。
また前髪が目にかかってしまうのも印象がよくありません。野暮ったさや不衛生なイメージを与えてしまうので、前髪はまとめるか顔にかからないように工夫しましょう。

 
 

4、まとめ

アパレル面接で眼鏡はNG?つけまつげやカラコンなど好ましい目の印象
目から与える印象はとても大きく、特に面接においてはより気を遣わなくてはいけない部分といえます。見た目の部分と、目つきや視線を合わせるなどの目の動きに関する部分、どちらも好印象を持ってもらうことを意識して面接に挑むようにしたいですね。

 
 

\登録3分!/