• LINE

アパレル求人・アルバイト情報サイト-ガールズウーマン-

アパレル面接が受けられる曜日は?面接でよく聞かれるシフトや曜日の質問。その攻略法とは?

アパレル面接が受けられる曜日は?面接でよく聞かれるシフトや曜日の質問。その攻略法とは?
 
基本的に面接は平日に行われることが多いですが、在職中の転職活動の場合だとどうしても都合をつけることが難しくなりますよね。そうすると面接の日程を調整してもらうか自分でスケジュールを考えなくてはいけませんが、できるだけ円滑に進めるのが理想です。
ここではアパレル面接の日程調整の仕方や、面接でよく聞かれるシフトに関する質問についての攻略法をお届けしたいと思います。

 
 

 

1、平日面接に行くのが厳しいとき

 

有給を取得する

面接の日程を伝えられたものの、仕事があって予定が合わないこともあると思います。そのような場合、有給を取得して面接に行く人が多いでしょう。アパレル業界は本社職なら土日は休みになり、ショップなら土日は客数が増えるため業務が忙しくなり、面接を行うことはあまりありません。そうすると必然的に面接を行うのは平日となるため、応募者側が予定を合わせることがベストな方法といえます。在職中の職場にも迷惑がかからないよう、早めに有給の申請をしておくようにしましょう。
ただ地方から都心へ転職する場合や、面接の日程が何回かに分けられる場合は、1日の有給では足りない可能性もあります。その時は応募先の企業に日程の相談をしてみた方が良いでしょう。

 

転職エージェントを利用する

在職中の転職活動は求人探しをはじめ、面接日程の調整にいたるまで何かと負担が多くなってしまいます。そのためできるだけ負担を減らして新しい職場を見つけたい人には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。
転職エージェントを利用すれば、自分の希望する職場や条件に合った求人を提案してくれる以外にも、面接日の調整や応募先の企業とのやりとりを全てお手伝いしてくれます。そうすることでチャンスを掴みやすくなるため、希望する企業で働くことにもつながるでしょう。

 

日程の調整をお願いする

有給の取得ができない場合は、応募先の企業へ日程の調整をお願いしてみる方法もあります。どうしても平日に面接に行けない理由を具体的に伝え、可能な日程を提示するようにしましょう。
また平日の昼間は難しくても夕方以降であれば時間を確保できるなら、時間の調整を依頼する選択肢もあります。無理を言って土日に面接を組んでもらうよりも、平日の夜の方が都合をつけやすい場合もあるため、一度相談をしてみるようにしましょう。面接の日程の調整は転職活動をする人にならよくあることなので企業側も理解を示してくれますが、お詫びをした上で依頼をすることがマナーです。

 
 

2、好ましい面接調整連絡の仕方

 
アパレル面接が受けられる曜日は?面接でよく聞かれるシフトや曜日の質問。その攻略法とは?

 

具体的な日時の提案

やむを得ず面接の日程を調整してもらいたい場合は、早めに連絡をするようにしましょう。連絡手段はメールでも構いませんが「その日は予定があって伺うことができません」だけではNG。できるだけ具体的に伝えることが求められます。
例えば「大変恐縮なのですが、あいにくその日は業務の引き継ぎを行う予定があり面接に伺うことができません。◯月△日の14時、もしくは◯月×日の13時であれば可能です。」というように、なぜ面接に行けないのかを明確に伝え、いつなら面接ができるのか具体的な日時を提案するようにしましょう。いくつか候補日を挙げておくことで、応募先の企業も予定を組みやすくなります。

 

返信は早めに

ビジネスマナーとしてごく当たり前のことではありますが、特に面接の日程を決める内容のメールにはすぐに返信をするようにしましょう。たとえ提示された日の予定がわからなくてもそのまま放置するのではなく、「スケジュールがわかり次第すぐに連絡致します」と必ず返信を行うようにしましょう。
面接日が決まらないことにはそれ以上先に進むことができないため、自分自身にとってもマイナスになります。また返信がなかったりレスポンスが遅いと、ルーズな印象を与えてしまうため、応募先からのメールにはすぐに返すことが常識です。

 
 

3、出勤できるシフトは正直に答える?

 
アパレル面接が受けられる曜日は?面接でよく聞かれるシフトや曜日の質問。その攻略法とは?
面接の際のやりとりでは、志望動機や仕事への熱意を聞かれるほかに、どれくらい出勤できるのか?という点も聞かれます。正社員であればフルタイム勤務となりますが、アルバイトなどの場合は週に何日働けるのかを知っておくためにも、必ず聞かれると思っておきましょう。
採用されるためには実際よりも多めに答えてしまうこともあると思います。ですがこの場合は、できるだけ正直に出勤できる曜日や時間を答えた方が良いでしょう。もし嘘を言ってしまうと後々迷惑をかけてしまうことにもなるため、事実を伝えるべきです。
ただ応募条件を満たしていなかったりシフトの融通がきかない人だと、採用を見送られる場合もあります。特にアパレルの販売員は、限られたスタッフでシフトで交代して勤務をするため、できるだけ柔軟に対応ができる方が好感を持たれるでしょう。

 
 

4、まとめ

アパレル面接が受けられる曜日は?面接でよく聞かれるシフトや曜日の質問。その攻略法とは?
面接を受ける曜日は調整してもらうことが可能なため、どうしても都合が悪ければ相談をするようにしましょう。またどれだけ採用されたいと思っても、嘘や無理なことをできると言ってしまうのはよくありません。応募条件などをふまえた上で、自分の希望する働き方ができる職場を探しましょう。

 
 

\登録3分!/